採用への近道!?転職ノウハウ

内定を手に入れる

「もったいない」書類選考落ちを防ぐ!履歴書の注意点

掲載日:

細部までチェックされていることを忘れずに

履歴書は応募企業への最初のアピール書類です。文字の丁寧さ、写真の雰囲気。履歴書は作り方1つで印象が一変します。また小さなケアレスミスも致命傷になりうるのが履歴書。形式的な書類、と軽視するのは禁物です。

採用担当者は応募者のことを知らない状態です。履歴書を細部までチェックし、応募者の経歴や人物像などを読み取り、面接するか否かの判断をします。「会ってみたい」と思ってもらうには、適切なフォーマットを選び、使い慣れた筆記用具を準備して、慎重に履歴書を作成する必要があります。もちろん使い回しは厳禁。ささいなことで「損をしない」よう基本を押さえましょう。

基本的なこと、守れてますか?

自分に合ったフォーマットを選んでいるか

履歴書には、一般用、パート・アルバイト用、転職用などの種類があります。選ぶポイントは、自分が書く必要のある内容を熱く書けるものを選ぶこと。空白部分が多いと意欲が疑われる一方で、びっしり書かれた書類も相手の立場を思いやれない人と思われがちです。転職が多い人は職務経歴欄が広いもの、社会人経験が浅い人は職務経歴欄より他のアピール欄が広いものを選ぶなど工夫しましょう。

履歴書はパソコン上からダウンロードしたものでも大丈夫です。その場合は通常のプリント用紙よりも少し厚手の上質紙を使用するのがオススメです。

履歴書にコレは書くべき?書かないべき?

最低限のマナーは守っているか

汚れやシワ、雑な走り書き、修正ペンの使用、誤字・脱字。これらはそれだけで書類選考見送りの原因になり得ます。特に、読み手の立場に立って丁寧に書くのはマナーの基本。字に自信がなくても、心をこめて書いたかどうかは伝わるものです。また思いこみで間違えた漢字を使用している場合も。少しでも自信がない言葉は必ず確認しましょう。

基本情報の記入に手を抜いていないか

氏名、住所、生年月日などは正確に書きましょう。氏名は戸籍に登録されているものを書きます。住所は住民票通りに都道府県から番地まで書き、マンションやアパート名、部屋番号まで記入します。番地は「○-○-○」など略さず「○丁目○番地○号」と書きましょう。生年月日は履歴書の日付の時点での年齢を記入します。

第一印象も基本のひとつ!履歴書写真のちょっとしたコツ

その他気をつけたい点

  • 学歴、職歴の年月日が正確で、職務経歴書とも整合性がとれている
  • 和暦または西暦で表記を統一
  • 住所のふりがなも全て記入する
  • 「ふりがな」と平仮名で表記されている場合にはカタカナで振らない
  • 「(株)」「S(昭和)」「H(平成)」「〃」など略した表記はしない
  • 履歴書の日付の記入を忘れない
    (後日記入する時は同じ筆記用具で書くと見た目が自然です)

真摯な姿勢を伝えましょう

実に細かい部分までチェックされている「履歴書」。がんばって志望動機や自己PRを書いたのにそこまで読まれず書類選考見送り、なんて結果は避けたいもの。慎重に作成したら必ずじっくり読み直し「完璧な仕上がり」を目指す心構えで臨みましょう。




あわせて読みたい

離職率の低い業界、知ってる?の記事を読む 離職率の低い業界、知ってる?の記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ