採用への近道!?転職ノウハウ

円満退社・入社準備

転職は最初の3か月が決め手

掲載日:

転職の中途採用に求められること

転職組の中途採用者に一番求められているものは何でしょうか。採用担当者は応募者の経験、スキル、資格など様々な点を見ていますが、現場では別の要素が求められます。

実際の職場で最も必要なスキルとは「コミュニケーション能力」です。転職者は新入社員と比べて高いスキルが求められていますが、仕事をバリバリとこなす、スーパーマンとして期待されているわけではありません。頑張ろうという気持ちは重要ですが、会社の社風や業務手順などに合わせようという気持ちがなければ、すぐに孤立してしまいます。

上司は活躍を望んでいるかもしれませんが、「郷に入っては郷に従え」というように、まずは現場のルールや雰囲気を知ることから始めましょう。例えば、改革案を言うのは簡単ですが、その企業で長く間働いてきた人たちから反発を買うのは想像に難くありません。初めは職場に溶けこむことを意識し、「異物」から「仲間」になることを目指しましょう。


転職先で一般的に考えられているスケジュール

転職者に与えられる時間は長くありません。しかし、すぐに成果を出そうとすれば、自己主張が激しい人として、現場から浮いてしまう可能性があります。転職先では「1週間」「1か月」「3か月」「半年」をめどにスケジュールを組み立てましょう。


転職から「1週間」

転職者は、即戦力としての活躍が求められているため、転職先の社員からすると、仲間であるとともに、ライバルでもあります。転職先の社員と上手に付き合っていくために、まずは社内のルールや人間関係を把握することから始めましょう。


転職から「1か月」

ヘッドハンティングやキャリア転職など、一部の転職者は1か月くらいで成果を求められることもありますが、一般的な転職の場合は、そうではないことが多いので、この段階では「仕事内容の把握」に徹底するようにしましょう。同じ業界の会社でも業務フローや書類の書き方まで、様々な点で違いが見られます。まずは転職先の仕事内容やルールの把握に努めてください。また、1か月を目安として「人間関係の構築」も進めましょう。一緒にランチに行ったり、飲み会に参加することで仲間になれそうな人やキーマンたちと積極的に交流すると良いでしょう。


転職から「3か月」

そろそろ仕事にも慣れてきた頃なので、何かしらの実績を作りましょう。上司や同僚が一目置くようなホームランを打つ必要はありません。「チームの一員である」ということを認めてもらうために、小さくてもよいので実績を作りましょう。


転職から「半年」

今までは会社や職場になじむことに注力していましたが、この時期からは、今まで不自由に感じていた部分の改善や、職場環境の問題点など、今までの経験を生かして様々な提案をしていきましょう。


どうやって成果を出すか、何を注意すべきか

「急いては事を仕損じる」ということわざがあるように、はじめから全力を出してしまうと空回りしたり、反発にあったりして、思うように実績を作ることができません。まずは転職から3か月を目安に、社内ルールの把握や、人間関係の構築などに努めましょう。下地をしっかりと作っておけば、半年後には、業務改善など、踏み込んだ提案もできます。そのためには、しっかりとしたスケジュール感を持つことが大切です。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ