採用への近道!?転職ノウハウ

円満退社・入社準備

職務経歴書は定期的に更新しよう

掲載日:

新しい会社に入社したら終わり?

つらく長かった転職活動に別れを告げ、ようやく志望していた会社に入社できた!そんなとき、あなたは新しい会社での活躍に胸を膨らませていることでしょう。もう転職活動も終わったのだから、と登録していた求人サイトも解約し、履歴書や職務経歴書もパソコンのゴミ箱行き。こんな方はいないでしょうか。

転職活動が終わったあとも、使用していた書類、とくに職務経歴書は保存しておくことをおすすめします、とくに職務経歴書は、新しい会社でキャリアを重ねるごとにブラッシュアップしていくことがベストです。

転職活動は新しい会社に入社して終わりではなく、その会社であなたがどれだけ活躍し、自分のキャリアを積み上げていけるかがもっとも重要です。また万が一、次の転職のチャンスが到来した暁には、更新を続けた職務経歴書があなたのキャリアを反映させた書類として、転職活動での力強い相棒となってくれるのです。

そもそも転職はなんのため?キャリアを考える

そもそも転職はなんのために行うのでしょうか。給与面や勤務時間など、以前の会社での不満を解消するためという方もいらっしゃるとは思いますが、長い人生を鑑みるにつけ、正しい転職とはキャリアを積み重ね、自分の理想とする姿に近づいていくものだと考えます。転職するごとに新しいキャリアを培い、以前からのものに重ねることで、さらに高いキャリアを目指す。そんな転職が理想ではないでしょうか。

そう考えるとき、ご自分のキャリア形成を振り返るうえでも、たゆまない職務経歴書のアップデートは重要だといえるでしょう。すぐに転職を考えるのではないという場合でも、現在の職場で携わってきた仕事を列挙していくことで、どれだけのキャリアを積み重ねることができたのか確認できる、またとないチャンスだと思います。いまの自分に欠けているのは何か、それを補うためには現在の会社でどう動くべきか、あるいは転職を考えたほうがいいのか、率直に自省する材料を提供してくれるのが、最新の職務経歴書なのです。

職務経歴書とは別に自分自身の年表や経歴書を作ることを私はおすすめします。これは人に見せるものではありませんので、自分の将来なりたい姿や何年後はこういう仕事をやっていたいなどを書くことによって今の自分に何が足りていないのか明確に導きだしてくれるでしょう。

履歴書・職務経歴書は定期更新

履歴書・職務経歴書は、自分の過去であるとともに、現在そして未来を指向する自分の「登記簿」ともいえます。ご自分の人生が順調に航路を切り開いていっているか、あるいはいまの自分に足りないのはどこなのか、しっかりと確認できるので、今後の転職を考えるか否かにかかわらず、定期的に更新を行うことをおすすめします。信頼できる学生時代からの友人に、たまに見てもらって、率直な感想をもらうとよいかもしれません。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ