採用への近道!?転職ノウハウ

円満退社・入社準備

転職先で歓迎してもらうためには

掲載日:

転職先の職場で受け入れてもらうための注意点

転職後の悩みとして多く聞かれるのが「人間関係の構築」です。転職者は新しい職場で一から人間関係を作ることになり、不安を感じる人が少なくありません。たとえコミュニケーション能力が高い人であっても、精神的な負担は大きく、気づかないところで疲れが溜まってしまうことが多々あります。

転職先の人からすれば、転職者は「新しい仲間」であると同時に「ライバル」でもあるため、良くも悪くも目立ちます。職場で受け入れてもらうための注意点としては、最初の印象を大切にすることです。人の価値は見た目だけではありませんが、人物像のほとんどはファーストインプレッション(第一印象)で決まってしまうといわれています。ファーストインプレッションを良くするための方法としては、以下のようなポイントがあります。プラスの印象を与えつつ、良好な人間関係を築きましょう。


清潔感を出す

第一印象は容姿よりも清潔感のほうが重要と考えられています。髪型や服装が乱れていると悪い印象を与えることはあっても、良い印象を与えることはありません。ヘアスタイルはもちろん、着こなしや爪、女性ならメイクなど、様々なところが注目されるので、入社初日には普段以上に身だしなみには気を付けるようにしましょう。また男女共通で気にしてもらいたいのが「におい」です。見た目が良くても口臭や体臭がきついと印象は悪くなってしまいます。香水を付け過ぎても不快感を与えてしまうので、ほどほどにしておきましょう。


自己紹介は短すぎず長すぎず

自己紹介は転職後に「愛され転職者」と「嫌われ転職者」を分ける大きなターニングポイントとなります。あいさつの内容はもちろん重要ですが、スピーチの長さにも気をつけたいところです。名前とあいさつのみだと近寄りがたい雰囲気を与えてしまいます。逆に自分のことを長々と話してしまうと自己主張が激しい人として敬遠されてしまうので注意しましょう。


相手を知る

転職後、少しでも早く職場に溶け込みたいと思うのは当然ですが、自分を知ってもらうことよりも、まず相手を知ることが大切です。人によってフランクに話しかけられる方が好きな人もいれば、グイグイ主張されるのは嫌いという人もいるように、相手によって接し方は異なります。相手がどのような人であるのか分からないうちに、自分の主義・主張を押し付けてしまうと浮いてしまう可能性があるので気を付けましょう。


自分のスキルを正確に伝える

面接では自分をよく見せたいと思うかもしれませんが、経験やスキルはなるべく正確に伝えるようにしましょう。採用されたにもかかわらず、転職後にスキル以上の仕事を任されてしまったために何もできず、入社当初から評価を下げてしまう可能性があります。

中途採用は基本的に人材を補充するためのものであり、企業は採用した人を「即戦力」として期待をしています。採用される人物のデータは配属先に伝えられていることが多く、入社後に話していたことが「できない」と分かった場合、職場における信用度は著しく下がります。新しい職場でスムーズに人間関係を構築するためにも、自分の能力は正確に伝えるようにしておきましょう。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ