採用への近道!?転職ノウハウ

円満退社・入社準備

内定後の会社見学はやっておくと安心できる

掲載日:

入社前にできることのひとつとして会社見学

企業から内定をもらって、受諾しようと考えています。でも、まだ少し不安があるので、できれば実際に内定先の企業の実際に働くことになる職場を見学させていただくことはできないでしょうか。

内定者の方がそう思うのは、とても自然なことです。まして、いままでと業種や職種が異なる転職の場合は、なおさらのこと。モヤモヤした不安を解消し、すっきりと内定を受諾するために、積極的に会社見学をしてみましょう。企業側に、こちらの「やる気」をアピールするいい機会になると思います。

タイミングとしては内定をもらったあとが一般的ですが、選考途中で企業の人事担当の方が提案してくれることもあるようです。求職者の側からお願いする場合は、「職場の雰囲気が知りたいので、会社見学をさせていただけませんか」などと、こちらの要望を具体的にお伝えするとよいでしょう。求職者の側としては、企業のホームページはしっかりとチェックしておく、面接などで必要な質問はしっかりしておくなど、こちらからできる情報収集はすべてやり、そのうえでどうしても、という態度が好ましく受け取られるようです。

企業の側としても、入社前の「他人」に職場を見せるわけですから、多少は構えるのは当然だと思います。こちらの誠意を見せることで、企業側に気持ちよく対応していただけるように心がけましょう。

大切なことは何をチェックするか

企業側からOKが出て、実際に会社見学に行く際には、どういったところを見てきたらよいでしょうか。もちろん、ご自分の五感を研ぎ澄まして、見るもの、聞くもの、すべてを吸収してきていただきたいのですが、ここではポイントを少々記しておきます。

前述したとおり、企業のホームページで情報をしっかり収集しておき、「予習」を済ませておくことが重要です。その上で、実際の会社見学では、その企業の社風、社員の表情、職場の雰囲気、清潔感、服装、休憩の取り方、残業の状況などを確かめられるといいでしょう。可能であれば、社員の方とお話しできるといいですね。また、できればトイレもお借りしてみるといいかもしれません。実際にご自分がここで働くことを想像して、なにか違和感を覚えないか、どちらかというと「減点思考」でいくといいと思います。

会社選びを失敗しないために

人事面接など、会社のごく一部の「表の顔」だけでなく、より普段着の姿を垣間見られる会社見学は、できれば入社前に一度、経験しておきたいところですが、あくまでもそこで得られる情報も限られたものであるという認識が必要かと思います。すべての情報を総合したうえで、あとはご自分の感性と直感と運を信じて、まっすぐに進んでいただきたいと思います。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ