採用への近道!?転職ノウハウ

円満退社・入社準備

入社の延期や辞退はできるのか?

掲載日:

どうしても入社辞退、延期する場合にどうすべきか

転職では、企業から内定をもらったけれど、第一志望の企業からの結果が出ていなかったり、仕事の引き継ぎがうまく行かずに退職できなかったり、様々な事情によって、入社辞退・延期をせざるを得ない状況になることがあります。このような場合、どのように対応すればよいのでしょうか。

契約の内容で異なりますが、入社の辞退や延期を制限する法律はありません。承諾後に辞退・延期をすることは可能です。ただし、内定を辞退することで相手の企業に損害が発生した場合は、最悪の場合、裁判に発展するケースもあります。

回答をギリギリまで先延ばしにしても、良いことはありません。どうしても入社辞退・延期する場合はなるべく早く転職先の会社に相談するようにしましょう。速やかに対処することでリスクが軽減されるだけでなく、転職先の企業へのダメージも少なくなります。

準備しておかないと起こりうるリスク

損害賠償のリスク

内定先の企業に対して、入社日の延期や入社前辞退を相談するのは心苦しいものです。しかし、ギリギリまで保留してしまうと場合によっては損害賠償に発展するケースがあります。内定先がすでに備品などを購入していた場合や、採用を一からやり直す場合などは、その経費を求められる可能性があるので、一日でも早く相談するようにしましょう。


内定取り消しのリスク

内定が出たということは、企業にとって必要な人材であるということですから、1か月程度であれば入社を待ってくれる企業が多いようです。ただし、入社日間際になって延期を申し出たり、何度も延期するようなときは内定が取り消されてしまう可能性があります。一刻も早く人員を補充したい会社の場合には、延期を申し出ることによって内定が取り消されてしまうこともあるようです。


他の就職者・転職希望者の人生が狂うリスク

突然の内定辞退や延期をした場合、本人のイメージが悪くなるだけでなく、以後の求人に影響があるかもしれません。採用担当者が「再び同じことが起こるかもしれない」と採用を控えるようなことがあれば、自分の知らない誰かの人生が台無しになってしまいます。また企業は一度不合格と通知した人に対して、繰り上げ採用を行うことは、まれです。回答をずるずると先延ばしにすると、他の転職希望者にも迷惑がかかってしまいます。

上手く対応するためのポイント

報告は早ければ早いほど良い

紹介したように、入社日の延期や内定の辞退は報告が遅れるほど断りにくくなり、損害は大きくなっていきます。採用側も早めに相談してもらったほうがスケジュールが調整しやすくなりますし、内定を辞退された場合でも、採用期間中ならばダメージも少なくなります。


理由をしっかりと伝える

入社前のトラブルは決して珍しいことではありません。入社ができなくなってしまった時には、企業側に、理由をしっかりと伝えるようにしましょう。延期をする場合であっても、理由と現状を詳細に報告すれば入社を待ってくれる企業がほとんどです。


電話でお詫びをする

辞退や延期を伝える手段は直接訪問、電話、メールなど様々ですが、メールや手紙は一方的なコミュニケーションとなるので、適切な方法とはいえません。直接訪問は誠意を見せるという点ではベストですが、採用担当者から怒りをぶつけられる可能性があります。辞退・延期を伝える場合、まずは電話で連絡するようにしましょう。直接訪問やメール、手紙はその後でも遅くありません。


あわせて読みたい

残業のない会社は
こうして見分ける!! 残業のない会社は
こうして見分ける!!

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ