採用への近道!?転職ノウハウ

円満退社・入社準備

社外への退職あいさつメールの出し方は?

掲載日:

退職の挨拶とは

社外への退職のあいさつは基本的には最終出社日に行います。必要な事項を簡潔にまとめたメールをお出ししましょう。特別にお世話になった方には個別にごあいさつのメールをお出しすることも重要です。

社外へのあいさつにおいて大事なこと

社外への退職のあいさつメールで大事なことは、全体を通して前向きな文面にすることです。退職理由に関しては、結婚・出産などを除いては具体的に書くことは避け「一身上の都合」「円満退社」「新たな分野に挑戦」とだけ書いておきましょう。退職あいさつのメールに会社への不満などネガティブな内容を書くなどもっての外。社会人としての常識を疑われます。また、転職先の名称を書くこともNGです。本当に親しい一部の方には別の手段で伝えるようにしましょう。

ただ、退職するという事実だけだと味気ないメールになってしまうので、仕事のうえで印象に残ったエピソードを文面に盛り込むとよいでしょう。また、仕事でのちょっとした失敗話やお詫びの言葉なども、内容をよく吟味したうえで書いておくと、いつまでも印象に残るあいさつメールになります。

必要であれば、業務を引き継ぐ後任者の名前も記載しておいてください。「自分以上に仕事ができる人間だ」という内容を添えておくと、社外の取引先の方々も安心することでしょう。

メールの最後には、これまでお世話になった方々への御礼の言葉と今後の活躍を祈る旨を記載し、メールを締めくくりましょう。

連絡先として、メールアドレスや携帯の番号など、個人のものを記載すべきかどうかは悩むところです。避けるべき、という考え方が基本的ですが、載せても構わないという方針の会社もあるようです。判断に迷う場合は、上司に相談してみるといいかもしれません。決して誰の確認も取らずに自分本位で送るようなことはしてはいけません。

前向きな文面を心がける

退職のあいさつメールには、不思議とその人の人となりが表れ、意外に記憶に残るものです。狭い世間、お世話になった方々に、またどこかでお会いして、また一緒に仕事をしないとも限りませんので、これで縁が切れるなどとは考えずに、丁寧に感謝の気持ちを込め、前向きな文面になるように心がけましょう。

退職のあいさつメールはあなたのお別れの連絡になりますが、在籍している会社とは今後も長くお付き合いする可能性があるということを十分に理解することが必要です。感情的になりすぎて次の担当者が連絡をとりにくくなるようなことは避けるようにしてください。

次に気持ちよく引き継ぐことが退職のあいさつメールとして一番重要なことなのです。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ