採用への近道!?転職ノウハウ

円満退社・入社準備

退職日が延びてしまったときの対処方法

掲載日:

退職日が延びる可能性はある?

現在勤める会社の直属の上司に退職の意思を伝えても、すぐに退職が認められないことがあります。会社が引き留めにかかる場合と、退職タイミングが悪い場合があります。

上司や会社があなたを引き留める理由も、様々なものがあります。あなたが本当に優秀な存在で、いなくなっては困ると真剣に考えてくれている場合もありますし、上司が管理責任を問われるのを防ぐために、いわば保身で引き留めているケース、また会社の方針として退職者は極力出さないと定められている状況も考えられます。

退職タイミングが悪い場合というのは、現在の会社の繁忙期にかかっている場合や、後任の人選に時間が必要な場合、あなたに任された業務がまだ山積みしているような場合など。いずれの場合も、会社は引き留めの条件に使ってくることもありますので、こちらとしては誠心誠意、退職の意思を伝え、退職日の設定に関しては、可能な限り現在の会社の提案に従う姿勢を見せることが重要です。

延びないために何をすべき?

引き留めの具体的な方法は、現状の不満点を聞き出し、給与面や人事面での今後の厚遇を約束するというのが一般的です。引き留めにあったときにどのように対応するかはもちろんあなたの気持ちしだいです。

「そこまで自分のことを思ってくれているのか」と気持ちを動かされ、会社に残るのも人生、退職の意思が固いのを再確認して、改めて退職を申し出るのもいいかもしれません。そこは自分にとって何が重要なのか、なにが一番後悔しない形になるのかを十分に考えるようにしてください。決まってしまえば後戻りはできないからです。

また、多くはないようですが引き留めの条件が必ず守られる確証が無い場合も少なからずあるようです。上司の単なる口約束である場合、結局はしばらくしてまた退職の意思を固めることになる可能性は少なくないでしょう。

延びてしまった時の対処法は?

会社から引き留めにあってしまう場合のほか、現在の業務の引き継ぎの都合で退職日が延びてしまうこともめずらしくありません。円満な退社が転職を成功させる第一の条件ですので、丁寧かつ誠実に引き継ぎ作業を進めていきましょう。

転職先がすでに決定していて、入社日を延期しなくてはいけないような場合は、事情を説明して率直にお詫びするしかありません。

退職日が予定よりも延びてしまうと、宙ぶらりんな状態が継続することになり、とても落ち着かないものですが、あくまでも優先すべきは、現在の会社の業務です。早く新天地でバリバリ働きたいと思ってしまうのも分かりますが、そこはぐっとこらえて、誠実かつ丁寧に残務処理を行いましょう。どれだけ早出や残業をすることになっても、残された仕事はきちんと片付けていくのが転職者としてのマナーです。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ