採用への近道!?転職ノウハウ

円満退社・入社準備

退職の意思はどのように会社に伝えるべきか

掲載日:

退職の希望を伝えるタイミングは

退職手続きについては、勤務している会社の人事部に問い合わせると、くわしく教えてもらえます。基本的には、その会社の就業規則を確認したうえで退職する旨を伝え「退職届」を提出します。退職日は「退職届」の提出から1〜2か月後が一般的ですが、会社の都合もありますので上司や人事部とよく相談して決めましょう。

退職日が決まれば退職するまでの間に、業務の引き継ぎがスムーズに終わるよう調整することがとても重要になってきます。会社の都合を一番に考えて、とまではいいませんが時期的な要素を考慮しなるべく会社にも周りの仲間にも迷惑がかからないようタイミングをはかるようにしましょう。

どのように伝えるべきか?

退職の意思が固まったのであれば、最初に伝えるのは「直属の上司」です。いきなり「辞めます」と辞職届を出すのではなく、最初は「相談」というカタチでやんわりと話を切り出しましょう。上司はあなたの退職の意思が固いことを確認したら、さらに上の上司や人事部と検討したうえで退職が承認されます。直属の上司ではなく、人事部やさらに上の上司に最初に退職の意思を伝えるのは御法度です。あなたの直属の上司の管理能力が問われることになってしまいます。

また、同僚や部下、顧客などに退職の意思を伝えるのは、あなたの退職が正式に公表されてからです。転職先が決まっているからといって先に退職を伝えてしまうと現場の士気にも影響しますし、あなたの評価を下げてしまいます。

意外に悩むのが家族にいつ伝えるか。とくにあなたが一家の大黒柱である場合、伝えるタイミングは非常に重要になってきます。自分のこととはいえ、家族にとっても重大な関心事です。退職の意思が生じてきた段階か、あるいは退職の意思が固まった段階で、家族(とくに配偶者)にはきちんと伝えておくべきです。

退職理由は本音を語るべき?

直属の上司に退職の意思を伝えると、必ず退職理由を問われます。その場合、あまり本音で話すのは避けたほうがいいでしょう。あくまでも「自己理由」を貫きます。退職するということは現状に不満があるのは当然のことですが、待遇や人間関係など率直、具体的に話してしまうと引き留めにあう可能性が高まります。そこで気持ちがぐらつくのを避けるためにも、退職理由は「自分のやりたいことを実現させるため」「キャリアアップを目指す」とどこまでも前向きな自分の都合を話しましょう。

退職届は、退職が正式に承認されたあとに作成し、提出します。会社に所定の書式がある場合は、そちらを使用してください。

現在の会社に退職の意思を伝える作業は、なかなか気が重く、勇気が要ることですが、このステップを踏まないと次のステージには行けません。自分の将来をいちばん大事に考えて、いままで育ててくれた感謝の気持ちを込めつつ、丁寧に進めていきましょう。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ