採用への近道!?転職ノウハウ

円満退社・入社準備

転職後「こんなハズじゃなかった!」とならないために

掲載日:

転職後に「違う」となりがちなケース

せっかく転職が成功したのに入社してから違和感を持ち、理想の職場を求めて転職を繰り返す「転職渡り鳥」になる人がいます。企業と応募者とのミスマッチは、イメージと現実のギャップや自分の条件をあやふやにすることから引き起こされます。そこで、今回はありがちな転職失敗事例をもとに、入社前にできる対策を紹介します。

あこがれの職場や未経験の業種にチャレンジ!でも…

「あこがれのあの会社で働きたい」「未経験だけどチャレンジしてみたい」そんな思いを抱いて転職をスタート。無事に採用が決定したのはいいものの、いざ仕事を始めてみるとやっぱり違う…。

これは仕事内容を深く理解していないことが原因です。転職活動では「採用されること」ばかりを目標にして、「入社後に納得して働けるか」という視点が欠けている人がいます。業界や会社への憧れが強かったり、未経験の業界にチャレンジするときに起こりがちなケースです。

応募先の事業内容や自分が任される予定の仕事は何か本当に理解しているか、自分の希望するイメージを当てはめていないか、こうした観点からじっくり検討することが必要です。地道に情報収集をして、面接や会社訪問時には、具体的な仕事内容や会社の雰囲気などを聞いておくようにしてください。

待遇の良さで転職したら、思わぬ落とし穴が…

現在の仕事内容にやりがいが持てずに転職活動をスタート。様々な業界や会社を検討して、もっとも良い給料を提示した会社に転職。しかし、やっぱり仕事に興味を持てず、また退職することになってしまった…。

これは本当に自分のやりたい仕事がはっきりしないままに、転職で失敗したケースです。転職する時は、「なぜ転職するにいたったのか」その原因と、「転職で何を希望するのか」という本来の目的をしっかりと認識していなければなりません。このケースは仕事のやりがいを目的としていたはずなのに、給与を優先してしまったことで、退職理由と同じ不満が生まれてしまっています。

転職する時は様々な不満を抱えてスタートすると思いますが、その不満の中でも優先順位が高いものは何か、その不満はどんな転職先なら解消されるのかについて、もう一度考えてみるのがよいでしょう。

「早く転職しなきゃ!」焦って条件を譲歩してしまった

「無職」というプレッシャーから、焦りながら選んだ転職先。入社時に提示されたのは自分の希望よりも低い条件だった。しかし、そのことを言い出せず、そのままにしたことで働いてからも不満がたまり、転職することになってしまった…。

安易な選択は転職の失敗につながります。問題点は何点かありますが、一番の原因は、入社前に条件(給与や働き方など)を確認しなかった、納得いくまで交渉しなかったことでしょう。

入社前には面接や会社訪問など、待遇面を含めた労働条件の確認をするタイミングがあります。ここで給与や労働時間の確認だけでなく、評価制度や実際の仕事内容などを確認できるので、不明点があれば必ず質問して納得できるようにしておかなければなりません。給与の交渉は、まずは自分の希望額を正直に提示するようにしましょう。同時に、採用先を説得するために給与を希望するだけの根拠をしっかりと伝えることも大切です。

また、「これだけは絶対に譲歩できない」という条件を考えておくことも納得感のある転職のためには必要です。一方で、「この条件は多少譲れるので、ここはお願いしたい」と交渉すれば、採用側から良い条件を引き出せるようになるでしょう。

まとめ

3つの失敗事例から分かるのは「仕事内容を理解する」「自分の一番の転職理由を見極める」「お互いの条件をすり合わせる」ことが、納得できる転職には必要ということでしょう。この3つのポイントをしっかりと検討するようにしてください。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ