採用への近道!?転職ノウハウ

内定を手に入れる

面接で落ちた理由を聞くのはOKか?

掲載日:

理由は教えてもらえないことが多い

書類選考を通過して、面接へ。採用に向けて大きく前進できたと実感できる一瞬です。書類審査や適性試験と違って、直接、企業の方と会って自分をアピールできます。緊張も高まりますが、期待に胸が膨らむことでしょう。

通常、何度かの面接が行われます。もちろん、面接で不採用となってしまうこともあります。自分としては準備もしっかり行ったし、面接官とのやり取りも和やかな雰囲気で悪くなかったのに、どうして私が不採用?と納得のいかないこともあるでしょう。では、面接で不採用となってしまった場合、その理由を企業の採用担当の方に伺うのはアリなのでしょうか。

結論から申しますと、ほとんどの企業は面接で不採用とした理由は教えてくれません。ただ、求職者の側から落ちた理由を尋ねることは、決してすべてがダメだというわけではないようです。

ではどうすれば教えてもらえるのか。もちろん会社によって様々ですが、聞き方がとても重要になってきますのでご紹介します。

尋ねるのであればメールで丁寧に

もしどうしても不採用の理由が知りたいと思うのであれば、思いきって尋ねてみるのもひとつの方法だと思います。落ちた理由を尋ねることで、自分に足りない点や、その会社がどういう人材を求めているのかを知ることができます。それを知ることによって今まで自分視点でしか見えていなかった視野が広がり、次の面接時に活かすことができるからです。

その場合、電話よりもメールのほうがいいでしょう。突然の電話だと、採用担当の方を困惑させてしまうことになります。メールの文面は「もしお答えいただけるのであれば…」という低姿勢なかたちで聞くようにしましょう。

多くの企業では不採用の理由を明らかにしていないので、そのような趣旨のお返事をいただくことになると思います。不採用の理由を教えてもらうことができたなら、次の転職活動に積極的に活かしていきましょう。会社も多くの人を面接するため、不採用にした人、ひとりひとりに理由を告げることはしません。しかし、それに応えてくれる会社はあなたの次を思って時間を使ってくれているので決して無駄にしないようにしてください。

クヨクヨせず次にいこう

そもそも不採用通知メールに「ご縁がなかった…」と書かれているのは、故なきことではありません。多くの場合、限られた採用枠に、たくさんの求職者の方が応募してきます。もちろん採用側は慎重に書類審査、適性試験、面接などの結果を総合して採用者を決定しているわけですから、合否の差がわずかであることも少なくないのです。

つまり、合格者が、あなたよりも少しずつ評価が高かったという理由で、必ずしも、あなたになにか問題があるというわけではないのです。

ですので、面接に落ちたことを必要以上にクヨクヨせず、前向きに次を探すのがいいと思います。「縁のある会社は必ずある」「自分を必要としている職場に必ず出合ってみせる」と強気でいきましょう。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ