採用への近道!?転職ノウハウ

内定を手に入れる

面接で「OK」「NG」な質問とは?

掲載日:

聞きたいけど聞きにくいナイーブな質問とは

就職・転職では、応募企業について少しでも知りたいと思うのは当然です。しかし、質問には採用側に良い印象を与える質問と、悪い印象を与えてしまう質問があります。なかなか面接をクリアできないという人は、知らないうちに見当外れの質問をしているのかもしれません。どんな質問があるのか、いくつかの例を紹介しましょう。


残業時間について

求人に平均的な残業時間が書かれていることもありますが、具体的にどの程度の残業があるのかを聞きたい場合は採用担当者に直接聞くのが一番です。しかし、残業時間を聞くことで「仕事が嫌いな人」と判断される恐れがあります。

どうしても残業時間が気になる場合は、「前職では○○時間残業していました。御社ではどの程度の残業がありますか」というように、前置きで残業を肯定しつつ質問すれば、誤解を防ぐことができます。ただ、あまり遠回しに聞くと「残業はイヤ」と思われてしまうこともあるので、時にはストレートに聞くのも効果的です。


有給休暇について

法的に権利が認められている有給制度ですが、企業によっては自由に使えない場合もあります。応募側からすれば気になるポイントではありますが、この質問は仕事内容とはほとんど関係がないため、採用担当者からの印象が悪くなることはあっても、良くなることはないのが一般的です。

どうしても聞きたい場合は、漠然と尋ねるのではなく、有給休暇の取得状況を知りたいと思った理由や、有給休暇を取りたい理由なども併せて質問しましょう。


教育制度について

キャリアアップについての質問は、採用担当者に好印象を与えます。一方で、企業にスキル向上を求めるだけでは、「自分からは勉強しない人」と受け身の印象を与える可能性があります。例えば、資格の取得をアピールする場合では、その資格を使って、どのような仕事をしたいのかといった考えを聞かれることがあるので、資格を取りたい理由を具体的に決めておくとよいでしょう。


難しい質問を聞くタイミング

採用担当者は、応募者のキャリア、スキル、人柄、身だしなみ、立ち振る舞いなど、さまざまなポイントをチェックしていますが、最終的には会社にとって有用な人物かを一番に重視しています。「残業時間」や「有給休暇」などの質問は応募者にとっては重要ですが、採用担当者からすると優先度は低い質問といえます。どうしても質問したい場合は、なるべく面接の最後にするようにしましょう。

また、給与や退職金のようにおカネに関する質問は聞きにくいかもしれませんが、企業側とのミスマッチが起こった場合は再転職につながります。これは採用担当者にとっても避けたい問題です。自分から切り出しづらい時は、履歴書の本人希望欄等に書く方法もあります。


どういった点に気をつければいいか

採用担当者に誤解を与えやすい質問とは別に、印象を一気に悪くさせてしまう質問があります。それは「調べればわかる質問」と「すでに話したことに対する質問」です。前者は下調べが不十分、後者は人の話を聞いていないという、最悪のイメージを与えてしまいます。

「残業時間」や「有給休暇」などについての質問は、タイミングや言い方によっては特に問題はないのですが、印象を悪くする質問は選考では致命的となります。だからこそ、応募する企業の事業内容や社風などの下調べはできるだけ念入りにしましょう。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ