採用への近道!?転職ノウハウ

内定を手に入れる

自己PRの場と捉えて志望動機を語ろう

掲載日:

具体的なエピソードをまじえて

面接で必ず聞かれるのが「志望動機」です。履歴書や職務経歴書にも志望動機を記載していますが、あらためて面接で聞かれるのはなぜでしょうか。簡単にいえば、面接官が直接あなたの口から直(じか)に本当の志望動機を聞きたいと思っているからです。確認といってもいいと思います。

書類なら、事前にいろいろ準備して飾ったことも書けます。面接だと、面接官を前にして求職者自ら、自分の言葉で志望動機を語らなければいけませんし、その内容に対して面接官がさらに質問することもできます。つまり、飾った言葉や通り一辺倒のウソは通用しないということです。

また、履歴書や職務経歴書は、書くスペースが限られているので、伝えたいことを全部伝えるにはどうしても無理があります。その点、面接でしたら、自分の言葉で具体的なエピソードを交えながら志望動機を伝えることができるので、自己PRの場としてしっかりと準備していきましょう。

企業のホームページは隅々までチェック

志望動機というのは、その企業とあなたを結びつける糸だと思ってください。あなたのラブコール(志望動機)がどんなに熱烈であっても、その企業の求めている人材像と大きくズレていたならば、一方的な片思いで終わってしまいます。また、あなたの自己分析がキャリア経験やスキルなど客観的な評価と懸け離れていたならば、やはり企業側の面接官は、あなたに高い評価を与えることは難しいでしょう。また、給料がいいからとか、休みが多いからといった待遇面だけで応募する企業を決めていると、面接官にはすぐに見抜かれてしまいます。

企業の求人ページに書かれている募集要項を何度も確認するほか、企業のホームページに書かれている創業理念などもチェックして、その企業の求めている人材像を自分のなかでなるべく具体的に持つようにしてください。その企業のことをどれだけ詳細に知りつくしているか、それが志望動機を豊かにすることに直結するのです。

志望動機に結びつける形で、前の会社での経験や、場合によっては失敗談を自ら語っていくことも重要です。具体的な経験が、いまの自分にどう活かされているのか、その失敗からどう学んだのか、そういうリアリティのあるエピソードを面接官は聞きたがっています。あなたが面接の場で熱く語るエピソードが、志望動機に血を通わせていくのです。

親や友だちにアドバイスをもらう

志望動機のブラッシュアップには、面接用に用意した志望動機の文章を読み上げて録音し、それを聞き直してみることをオススメします。簡単なことではないですが、第三者(面接官)の気持ちになって聞いてみると、話の流れやつながりに無理があるところが見えてくるでしょう。そうした部分を少しずつ修正し、何度も推敲することで、だれが聞いても納得のできる志望動機ができあがります。

あなたのことをよく知っている友だちにチェックしてもらうのもひとつの手です。親でもいいのですが、指摘される点が辛辣すぎてケンカにならないようにしてください。友だちや親は、あなたのことを思って意見をしてくれているわけで、決して感情的にならずに、自分の気づいていなかった側面を指摘してくれているのだ、と感謝の気持ちで素直に受け入れましょう。

大切なのは、しっかりと企業を知り、そして自分を見つめることです。そのための努力は、けっして惜しまないでください。もしその企業と縁がなかったとしても、考え抜いて作成した「志望動機」は必ず次にも活きてくるはずです。


この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ