採用への近道!?転職ノウハウ

内定を手に入れる

履歴書は"何を書くか"だけでなく"どう書くか"も大切

掲載日:

書類選考対策が必要な理由

「転職は面接が重要」だと考えている人は多いですが、そもそも面接に進むためには書類選考を突破しなければなりません。書類選考の倍率は企業や候補者によってバラつきがあるものの、一般的に30%程度と言われており、多くの人が面接に進められていません。このことからも履歴書をはじめとする書類選考対策は、おろそかにしてはいけないことが分かります。

しかし、履歴書を書くときに志望動機や自己PRなど「何を書くのか」ばかりに気を取られている人は多いようです。文章の内容はもちろん大切ですが、相手に自分の気持ちを伝えるためには、履歴書を「どう書くのか」という視点を持つことも同じくらい大切です。書いている内容は同じでも履歴書をブラッシュアップするだけで、印象を大きく変えることができます。

言葉だけでなく"心"も伝える履歴書にするためのテクニックや気をつけるべきポイントを解説します。

文字を丁寧に書くことで印象は大きく異なる

最近はPCで入力するWEB履歴書が増えつつありますが、履歴書の基本は手書きによるもの。また、WEB履歴書を利用する企業でも、採用がある段階まで進むと紙の履歴書を求められることがあります。手書きにすることによって、その人の人柄や仕事への熱意まで読み取ることができます。

しかし、文字の上手・下手によって読む人の印象は大きく左右しますから注意したいです。汚い文字・読めない文字で書かれている履歴書は読む人にストレスを与えて、せっかく内容が良くても気持ちが伝わる理想的な履歴書とはいえません。逆に、字がキレイな人の履歴書は良い印象を与えることがあります。字に自信がない人でも、字の間隔を合わせたり、まっすぐ書いたり、ちょっとした点に気を配るだけでも大きく違います。「丁寧に書いた」という気持ちは伝わるものです。その気持ちが伝わるメリットは面接時の良い第一印象に繋がります。チャンスを最大限に活かすためには、おろそかにできないですね。

デザインやレイアウトを工夫してみよう

自己PRや志望動機の欄を文字でびっしりと埋め尽くしている履歴書があります。熱意を伝えたいという気持ちは伝わるかもしれませんが、これは非常に読みにくく、何を一番アピールしたいのか、そのポイントもぼやけてしまいます。履歴書を作成するときは、採用担当者のことを考えて、分かりやすく読みやすい体裁(レイアウト、デザイン)に整えておくことが必要です。

レイアウトやデザインというとなんだか難しいものをイメージするかもしれませんが、「見出しをつける」「箇条書きにする」「強調したいところは太字にする」など、簡単な工夫をすることでグッと読みやすい履歴書に変わります。

まとめ

いかがでしたか。今まで書類選考がなかなか通過しなかった人も、以上のような点に気をつけて履歴書をブラッシュアップすることで、壁を乗り越えることができるかもしれません。ぜひ、自分なりの履歴書を考えてみてください。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ