採用への近道!?転職ノウハウ

内定を手に入れる

絶対に見落とせない!応募書類作成のポイント

掲載日:

応募書類をおろそかにすると…

「応募書類は文章の中身が重要」確かにそうなのですが、採用担当者は住所欄・氏名欄の書き方や提出の書式など、文章の「外見」についてもチェックしています。細かいところのように思えるかもしれませんが、応募書類の作成をおろそかにすると書類選考を通過できないかもしれません。そこで今回は、基本的だけど、応募書類を作成するときは絶対に見落とせないポイントについて紹介します。

封筒はあなたの第一印象

採用担当者が最初に目にするのが封筒です。いわば封筒は「あなたの第一印象」を決定するともいえます。ベテランの採用担当者にもなれば応募書類の封筒を見ただけで中身が想像できるといいますから、封筒はできるだけ丁寧に書いて好印象を与えたいものです。

封筒の色は白や茶色など落ち着いた色を選ぶことをお勧めします。また、封筒の大きさは職務経歴書、履歴書などの応募書類を折らずに封入できるサイズのものを選んでください。

添え状(カバーレター)を同封する

添え状とは、履歴書や職務経歴書とは別に同封する簡単な挨拶文を記載した書類のこと。今回応募する旨に加えて、志望動機や熱意などを簡潔に書きましょう。添え状は同封必須ではありませんが、ほんの少しの気配りが次の選考に進めるかどうかを左右することがあります。外資の企業ではカバーレターの内容で採用が決まる場合もあると聞きます。

読みやすく丁寧な文字を心掛ける

履歴書はパソコンで作成することも増えてきましたが、余裕があれば手書きにしましょう。手書きのメリットは気持ちがこもり、やる気や熱意がしっかりと伝わりやすいことにあります。ただし、字の上手・下手は読む人の印象を左右しますからできるだけ丁寧に書きましょう。くれぐれも読めない文字で書いたり、はみ出したり、誤字脱字がないようにしてください。

もし、書き間違えた場合は間違えた箇所に2重線を引き、訂正印をする方法もありますが、初めから書き直した方がベターです。なお、修正ペンを使用するのはマナー違反となります。

その他のチェックポイント

  • フォーマットは合っているか
  • 学歴や入社時期など年月に矛盾や間違いはないか
  • ペンは黒のボールペンで
  • 履歴書は全ての項目を埋める
  • 古い証明写真を使いまわさない(3ヶ月未満の写真を使う)
  • 職務経歴書の最後には「以上」と記載する
  • 面接対策のときに困らないように応募書類のコピーをとっておく
  • 提出する前に必ず見直しをする

まとめ

履歴書や職務経歴書など企業に応募する書類を提出するときは、志望動機や自己PR、これまでのキャリアなど文章の中身ばかりを気にしてしまうものですが、せっかく文章の中身が魅力的であっても、雑になっていたり、誤字脱字などの不注意があっては採用担当者の印象を下げてしまいます。

今回紹介したNGポイントはいずれも気をつけることで避けられるものです。思わぬ失点にならないように、全て入念にチェックした上で提出するようにしてください。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ