採用への近道!?転職ノウハウ

内定を手に入れる

採用担当者は職務経歴書のドコを見ているのか?

掲載日:

職務経歴書は「実務能力」をアピールする

企業に応募する時の応募書類には履歴書と職務経歴書があります。

職務経歴書とは、応募者がこれまでにどんな業界・会社で、どのような仕事・役職に就き、どんな能力を発揮してきたのか、これまでのキャリアで培った実務能力をアピールするところです。いわば「過去」について書くのが職務経歴書といえます。履歴書も自分自身の学歴など過去のことを書きますが、志望動機や自己PRなど「現在」や「未来」のことについても書く項目があります。ここが履歴書と職務経歴書の大きな違いかもしれません。

職務経歴書を作成するときはこれまでの経験を単に箇条書きにするのではなく、応募企業の募集内容から推察される「企業が知りたいこと」に沿って構成することが重要です。企業が重視していないことを強調しても、良いアピールとはならないでしょう。

また、職務経歴書は履歴書と違い、決まったフォーマットはありません。基本的にどう書いても自由なため、逆に書きにくくなってしまうのが現状です。ただし、企業は職務経歴書を見るときに「共通して注目するポイント」というのも存在します。採用担当者は職務経歴書のどこに注目しているのでしょうか。

職務経歴書で見られているポイント

採用担当者が職務経歴書を見るときは、次の7点に注目しているといいます。

  • 分かりやすい記述になっているか
  • これまでのキャリアでどんな仕事をしてきたか
  • 具体的な成果や実績はあるか(業績貢献含む)
  • 意欲をもって仕事に取り組んでいたか
  • 強みを持っているか
  • 納得のできる転職理由となっているか
  • 職務経歴書の記載内容に信憑性はあるか

もっとも注目されるのは「仕事内容」

職務経歴書で企業が知りたいことは「応募者がどんな強みを持っていて、入社後どんな貢献や活躍をしてくれるか」という一言に集約することができるでしょう。これは仕事内容を見ることである程度判断できるため、仕事内容は特に注目されるといいます。そのため、職務経歴書を読んだ採用担当者がイメージしやすいように、具体的な表現で書くことが書類選考突破のポイントになります。そして、その企業の募集職種を踏まえた内容にすることも忘れないでください。

「成果」だけでなく「仕事へ取り組む姿勢」も重視

また仕事の結果、どのような成果を出したのかも欠かせません。具体的な実績数字と目標の達成度合いを盛り込むことで、採用担当者はあなたの実績やキャリアをよりイメージしやすくなります。会社によっては業務達成の数値を記載することが必須の場合もあります。

ただし、経験の浅い社会人は、職務経歴書に書けるような成果がない、または少ないことがあります。その場合は「仕事へ取り組む姿勢」をアピールしましょう。達成に際して困難だった点や、それをどのように乗り越えたかなど、エピソードを交えて具体的な表現に工夫する必要があります。

いかがでしたか。企業が重要視しているポイントを知ることで、職務経歴書を書くときに「自分の経歴のどこを強調するべきか」についても自ずとヒントが得られるはずですので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ