採用への近道!?転職ノウハウ

求人・企業を探す

求人情報サイトから応募するメリットとは

掲載日:

求人情報サイトのメリット

インターネットを利用した求人情報で、利用されることが多いのが、企業がサイトに求人広告を掲載する転職・就職サイトと呼ばれるサービスです。大手サイトになると数万件の求人情報を扱い、ほぼすべての業種・職種を網羅しています。こうした求人サイトには、医療系に強い求人サイト、アパレルに強い求人サイトなど、特定の業界や専門職に特化したサービスもあります。

求人サイトは、ハローワークや新聞の求人広告にはない求人を多く扱っており、大量の求人情報の中から自分が働きたい仕事を選んで応募できることがメリットです。そのため、自分の希望する職種や業種が決まっていれば、有益な情報にアクセスできます。

人材紹介会社と比べた場合ですが、人材紹介会社は登録後、キャリアコンサルタントから求人の案内がなければ応募できません。しかし、求人サイトは自分が希望する仕事内容や職種などを見つけられれば、直接応募ができます。こうした点も魅力でしょう。

また求人サイトからの応募のほうが、人材紹介会社よりも有利になることがあります。人材紹介会社は成功報酬型で、転職者が応募先の企業でもらう年収の2~3割を手数料として受け取りますが、求人サイトのような一般公募の場合は広告掲載費のみで企業はそれ以上の費用がかかりません。企業にとって求人サイトからの応募のほうが採用コストが少なくて済むため、仮に同じような実績や能力の応募者がいて、広告掲載費と手数料を比べて広告掲載費のほうが安い場合、一般公募の応募者が優先されることがあります。

サイトが多くて、すべての情報集めは困難

ネット上には非常に多くの求人サイトがあります。1人ですべてのサイトを閲覧し、求人を管理するのは大変です。一方で、それぞれのサイトで扱っている求人は異なることがあるため、より幅広く多くの求人情報を得るためには複数のサイトにアクセスしなければなりません。

そうすると求人情報が多数のサイトに散らばり、自分の希望する求人情報を見つけ出したり、管理したりするのに時間と手間がかかってしまいます。

転職では求人の情報を入手するのは大変重要ですが、それ以外にも応募書類の作成や面接対策の準備などの時間が必要です。そうなると、効果的に求人情報を集める必要があります。

注目されるクローラー型求人サイト

こうした問題を解決する新しいサービスが登場しています。それが、アメリカで注目を高めている「クローラー型求人サイト」と呼ばれるサービスです。クローラー型求人サイトは求人広告サイトではなく、「求人検索サイト」ともいわれています。いわば、グーグルやヤフーの求人情報版の検索ともいえるサービスです。

クローラー型求人サイトはキーワードや条件を設定して検索すると、検索エンジンがインターネット上にある求人情報を収集・整理して結果として表示します。さまざまなサイトの求人情報を横断的に収集できるため、求人サイトを探したり、複数のサイトを見に行く手間が省けるのです。これが一番のメリットといえるでしょう。検索しているうちに、思いもかけない求人に巡り会う可能性もあります。

クローラー型求人サイトはすでに日本にも登場しています。まだ、日本では始まってまもないサービスですが、アメリカのIT企業の調査によると、求職者全体の36%がクローラー型求人サイトを利用した応募だったという結果もあります。今後注目されるサービスだといえるでしょう。

※ピタジョブもクローラー型求人サイトになります。日本に存在する全ての企業を対象にせず、売上上位順に企業を紹介しています。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ