採用への近道!?転職ノウハウ

求人・企業を探す

応募資格の「意味」とは

掲載日:

応募資格は絶対ではない!

応募資格は求人情報に必ず記載されている項目です。募集職種に対して企業の求めるスキルや経験、場合によっては必要な資格が記載されています。会社の理念や仕事内容にひかれて「この企業で働きたい!」と思っても応募条件を満たしていなかった場合、諦めてしまう人は多いようです。しかし、応募資格は絶対ではありません。応募資格を満たしていなくても採用されている人はいるのです。

応募資格があるワケ

企業の応募資格は、主に仕事内容によって決まります。募集の背景や任せたい仕事内容から、「転職者に必要なスキルや経験は何か」という応募資格を導き出します。例えば、即戦力の人材を募集しているのにもかかわらず、未経験の応募者が殺到してしまえば採用担当は非常に手間がかかります。そのため、「実務経験が3年以上」などと応募資格に記載して線引きをしているわけです。

では、応募資格を満たしていないと応募してはいけないのでしょうか。必ずしもそうとは言い切れません。なぜなら、企業は応募資格をあくまで1つの目安と考えているからです。募集要項には経験やスキルなど、様々な条件が書かれていますが、それをすべて満たした人材を採用するのが難しいのは、企業サイドも分かっています。応募資格を満たしていない点については、ほかのスキルでカバーできれば、それを評価して採用することも十分に考えられます。

例えば、「営業職の実務経験が3年以上」と記載されている求人があったとしましょう。もし、3年に満たない実務経験だったとしても、企業から求められている役割を果たせるとイメージできれば応募してもかまいません。何か資格を持っていたり、過去に大きな実績を上げていたならば、それをアピールしましょう。面接の際はスキル不足を正直に話し、前職での経験や成果、そしてやる気を見せてください。ただし、企業の求められている役割と自分の現状に隔たりがある場合は、応募は見送ったほうがよいかもしれません。

未経験者はどうすればいい?

まったく新しい業界に飛び込むときは注意が必要です。「未経験者歓迎」と記載された求人は応募可能ですが、「経験者優遇」「実務経験○年以上」などと書かれた求人はスキルや経験がないと採用されることは難しいでしょう。

ただし、企業は異業種の経験であっても、同じ職種の応募であれば経験があると見なすことが多いです。例えば、IT業界の営業職からハウスメーカーの営業職へ転職する場合は、職種が同じ分、仕事内容に共通する部分も多いからです。異業種へ転職する場合は前職の経験を生かせることがアピールできると考えられるのあれば、応募をしてみましょう。

まとめ

応募資格はそこに書かれている内容をうのみにするのではなく、なぜ企業はその応募資格を設定したのか、つまり企業の意図を読み解くことが大切です。応募資格を満たしている場合も、条件の背景を読み解くことで、書類選考や面接において企業が求める回答ができるのです。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ