採用への近道!?転職ノウハウ

求人・企業を探す

求人情報を探す際に見るべきポイント

掲載日:

求人情報で注意したいポイント

募集職種

求人で最も重要なポイントのひとつに募集職種があります。企業によって職種の名前が違うことがあるため、職種だけ見て判断するのは危険です。たとえば企画職と書かれていた場合でも、企画を専門にしているところもあれば、ほとんど営業職と変わらないようなところもあります。

また同じ職種であっても、企業や業種によって仕事内容が異なるケースがあります。仕事のやり方や順序などが全然違うこともあり、経験者ならではのギャップに悩む方もいるようです。求人情報だけでは分からないこともあるので、面接の際に具体的な仕事の流れを聞いてみましょう。

応募条件

ほとんどの求人情報には、学歴・年齢・経験の有無など、様々な応募条件が記載されています。各条件のうち、年齢や経験においては目安として設定されていることが多いようです。

年齢の場合、設定されている年齢に対して大きく離れていなければ、人物やキャリアによっては選考の対象になることがあります。希望する求人があるときは諦めずにアタックしてみましょう。

また経験の有無ですが、一般的に1年~3年程度の実務経験を持つ場合、経験者として応募が可能になります。ただし、こちらもあくまで目安のため、多少不足していたとしても選考対象になる可能性があります。

給与

給与モデルに「その他諸手当を含む」という表記が特に書かれていない場合、給与に手当が含まれているのか、それとも別途支給されるのかを確認しましょう。

また年俸制を採用している場合、賞与が含まれているケースと、別途支給されるケースがあります。特に記載がないときは必ず確認するようにしてください。

売上高

売上高とは、企業活動における一定期間の売上を示した数字です。企業を比較する材料となりますが、数字だけを見るのは危険です。1億円の売上高であっても投資した金額がそれを上回っていれば赤字となります。

また転職で年収アップを狙う際は、従業員一人あたりの売上高が重要になります。
たとえば1億円の売上高があったとしても、従業員が20人を超えている場合は一人あたり500万円の売上高となります。年収がこれより高くなるとは考えにくいので、500万円以上を狙っている場合は目的に合いません。ただし、従業員のほとんどがアルバイトやパートで構成されている場合はこの限りではありません。

情報の本質を読み解くために

求人以外にも言えますが、一つの視点から見るよりも、多角的に見る方がより全体像を正確に把握することができます。求人情報だけを見るのではなく、企業のホームページや、業界研究本、ビジネス情報誌、株式投資情報など、様々な媒体でデータ収集を行うようにしましょう。

またインターネットのクチコミも貴重な情報源となります。ネットにはウソやウワサの類も書かれているため、必ずしも正しいとは言えませんが、ひとつの目安にはなるでしょう。

また、近年は就職・転職エージェントがサポートしてくれるサービスも登場しています。企業や業界の情報などに詳しいため、情報収集の手段として有用です。求人探しで悩んでいる場合は、専門家の力を借りてみてはどうでしょうか。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ