採用への近道!?転職ノウハウ

求人・企業を探す

どうしてもあの会社に入りたい。再応募は可能?

掲載日:

「落ちた」のか「ほかの人を選んだ」のか

「新卒の就職活動時に応募して落ちた会社に、もう一度応募してもいいのだろうか?」「前回の転職で第一希望だった会社。あのときは不採用だったが、もう一度リベンジをしたい」
転職を検討するにあたって、そういう場面に直面する人もいるでしょう。しかし、いったん不採用だった会社に対してもう一度アプローチしてもいいものでしょうか。それともマナー違反なのでしょうか。

結論からいえば、リベンジしてもまったく問題はありません。ただし、企業によっては不採用から再応募までに一定期間が必要と定めている場合があります。数年も経過していればまず問題ないと思われますが、再応募が可能かどうか事前に確認しておくべきかもしれません。

ただし、前回不採用だった理由が「あなたに何か問題があって落とされた」のか「ほかにもっと魅力的と思われる人材がいたので、そちらを優先した」のかを見極める必要があります。前者であればその問題をクリアする必要がありますし、後者であれば今度こそチャンスをものにできるかもしれません。

いずれにせよ、1回は落とされた会社です。前回の応募時と比べ、今の自分の方がより魅力的な人材であることをアピールする必要があるでしょう。

まずは書類選考から。採用担当は職務経歴書のココを見ている!!

自己分析力・啓発力がカギ

企業は、不採用にした人材に対して「なぜ不採用だったのか」という理由を教えてくれません。前回、なぜ自分が不採用だったのかは自己分析で原因の仮説を立て、その仮説に基づいて自己啓発を行う必要があります。

たとえば「積極性が足りなかった」ということであれば、現職でどのような経験をして積極性を磨いたのか、その成果を事実や数値に表し、面接官を説得する必要があります。例えば、

「自分が発案したプロジェクトを、自ら推進して○○円の売り上げを達成しました」

「職場で直面していた○○という問題に積極的に取り組み、○○という方法を提案して問題を解決しました」

というようなアピールができれば、「自分の弱点を克服して大きく成長したな」という印象を与えられるでしょう。

熱意を伝るために!面接の心得を再チェック!

採用のクセを見抜け!

企業が人材を採用するとき、特定の価値観が採否に影響するという「クセ」がたいていの企業にあります。別の言葉でいえば「企業によって求めている人物像が違う」ということです。

極端な例を出すと、自分をアピールするにしても、A社は外資企業でよくみられるように自分をややオーバーに売り込むタイプを「積極的」と評価し、B社は「押し付けがましい」と評価する、といった具合です。資格にしても、C社が評価する資格とD社が評価する資格が異なるといったことがしばしばみられます。

こうしたクセを知らないと、自分のスキルやキャリアを正当に評価してもらえないので非常に不利です。しかし一般の転職者はこのような企業のクセに関する情報は持ちあわせていません。そういう場合は、人材紹介会社の経験豊富な転職コンサルタントや転職エージェントの知恵を借りることも視野に入れましょう。

経験豊富な転職コンサルタントは企業ごとの採用傾向、クセを知っており、アプローチに際してどのような点に気をつければ有利な交渉ができるのかを熟知しています。自己アピールの方法をちょっと変えてみる。職務経歴書の書き方を少し変えてみる。こうしたわずかな差が採否を決定づけることも少なくないのですから、転職のプロのアドバイスに耳を傾けることは非常に重要でしょう。

ピタジョブでは、多くの転職コンサルタントが在籍する人材紹介会社をご紹介しています。この機会に登録してみるのも手です。

転職のプロ!人材紹介会社をご紹介!




あわせて読みたい

絶対に見落とせない!応募書類作成のポイントの記事を読む 絶対に見落とせない!応募書類作成のポイントの記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ