採用への近道!?転職ノウハウ

求人・企業を探す

「未経験歓迎」の求人に隠された意図とは?

掲載日:

未経験者歓迎の求人とは

転職サイトで「未経験歓迎」と書かれている求人情報をよく見かけますが、額面通りに受け取るのは危険です。未経験歓迎とは未経験のみを募集するという意味ではありません。あくまで「未経験でも募集してよい」という意味であり、職歴以外のスペックが同じ未経験者と経験者の応募があった場合、ほぼ確実に経験者が採用されるでしょう。

では、企業側はなぜ「未経験歓迎」と掲げるのでしょうか。言葉の裏に隠された企業の本音をご紹介しましょう。

未経験者歓迎の言葉の裏に潜むリスク

企業側が未経験者歓迎を掲げる意図のひとつに、経験者が集まらないという理由があります。通常ならば即戦力を募集したほうが教育する手間もかからず経済的ですが、その即戦力が集まらない場合は門戸をぐっと広げて、まず「働きたい」という人を確保するのです。

即戦力、つまり業界経験者の募集が少ない理由は様々ですが、労働条件が厳しかったり、勤務しても環境が悪いために定着しづらいなど、経験者側から見て魅力的ではない求人の可能性があります。

しかし、これはあくまで考えられるリスクのひとつです。次のようにプラスの意味で未経験者を歓迎している企業も数多く存在します。

未経験者歓迎に隠されたプラスの意図

業績が好調で、経験者の応募も多いのに未経験歓迎を掲げる企業も多く見られます。一体どのような意図が込められているのでしょうか。


新しい風を取り入れたい

業界の常識にとらわれず、新しい風を迎え入れたい場合に「未経験歓迎」「未経験可」を掲げる企業があります。職場の環境を改善したい場合や、新しいビジネスに進出したい企業などがこの傾向にあるようです。


柔軟に対応ができる

同じ業界であっても、企業によって仕事の流れや方法は微妙に異なります。

即戦力を募集した場合、以前のやり方に固執したり、自分なりのやり方を優先させてしまうことがあり、かえって足並みを乱してしまう可能性があります。自社ならではのノウハウやルールを柔軟な考えで受け取ってほしいと考えている企業の場合は、未経験者の方がかえって好まれやすいようです。これは第二新卒歓迎の場合にも当てはまります。


人物重視・センス重視

専門知識は仕事を通して徐々に学ぶことができます。しかし「人間性」や「センス」を教育するのは至難の業です。コミュニケーション能力が重視される企業や、クリエイティブな要素を重視する企業は未経験歓迎を掲げることが多いようです。ただし、人間性やセンスはアピールするのが難しいため、履歴書や面接等の対策は必須です。不安があるときは転職エージェントに相談するのもひとつの手でしょう。

経験者が集まらないために未経験歓迎を掲げる企業もあれば、本当に未経験者を採用したいと思っている企業も存在します。歓迎という言葉の裏に隠された意図は企業によって様々ですが、難しく考える必要はありません。大切なのは、その企業で働きたいと思う「理由」と「熱意」です。未経験歓迎・未経験可の求人は新しいキャリアを作るチャンスです。正社員として異業種・異職種にチャレンジしたい方は積極的に狙ってみてください。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ