採用への近道!?転職ノウハウ

応募先を決める

「ベンチャー企業」と「大企業」の違いについて

掲載日:

ベンチャー企業のメリット・デメリット

ベンチャー企業のメリット

チャレンジしやすい

ベンチャー企業は大企業と比べて人員が少ないため、意思決定のスピードが早い傾向があります。経営においても手探りの状態なので、入社したての人でもチャレンジ精神があれば様々な仕事・企画に絡むことができるでしょう。実力でチャンスを掴みたい場合に向いています。

経営陣と近い

ベンチャー企業は経営陣と近い距離で働くことができます。自分の意見やアイディアを提案しやすいだけでなく、経営者視点を勉強することができるのも魅力です。将来的に起業したい方にも向いています。

ベンチャー企業のデメリット

実力主義

人数が少ないベンチャー企業では、一人ひとりの実力がより重要になります。実力があれば高く評価される一方、年齢や勤続年数による優位性はほとんど得られません。

やりたい仕事に集中できない

人員が少ないベンチャー企業では、人手不足を解消するため様々な仕事を同時に任されることがあります。多くの経験をしたい方にとってはメリットとなりますが、ひとつの仕事に集中したい場合は不向きといえるかもしれません。

大企業のメリット・デメリット

大企業のメリット

多くの経験が積める

大企業には会社が大きくなった理由があります。経営術はもちろん、営業のノウハウや、膨大なデータから導き出されたマニュアルなど、成長に役立つナレッジが蓄積されています。ビジネスマンとして貴重な経験ができるでしょう。

一流の仕事に携われる

大企業では通常の業務でもベンチャーでは関わることができない規模になります。また取引相手も有名企業や海外の企業になる場合もあり、自分の関わる仕事のスケールの大きさを実感することができるでしょう。また、いわゆる大規模プロジェクトに携われるのは大企業ならではのメリットと言えるでしょう。ベンチャー企業でも大規模プロジェクトの一部に加わることはできますが、プロジェクトの統括またはマネジメントをしたい場合は大企業に勤めるのが一番の近道です。

大企業のデメリット

昇進が難しい

大企業は人材が豊富なため、役職は常に取り合いの状態です。個人の活躍が上層部に伝わることは少なく、上司はもちろん、同僚たちを出し抜くバイタリティ・メンタリティがなければ昇進は難しいでしょう。

意思決定が遅い

大企業は意思決定が遅い傾向があります。経営陣との距離が近いベンチャー企業ではスムーズに提案できるのに対し、大企業では一つの提案に対して多くのプロセスを経て意思決定されます。

転職の際に注意したいこと

大企業から大企業、ベンチャーからベンチャーへ転職する場合はあまりギャップを感じることはないかもしれませんが、大企業からベンチャー、また逆にベンチャーから大企業に転職する場合、同じ業界であっても評価のシステムや、組織の在り方等が大きく異なります。働き方が合わなかった場合、大企業からベンチャーに戻るのは比較的容易ですが、ベンチャーから門戸が狭い大企業に戻るのは難しいでしょう。大企業から転職する際は念入りに下調べをしてください。

ただし、今回は便宜上「大企業」「ベンチャー」と分けましたが、実際は二元論では語れません。現在は大企業であっても、ほとんどの企業は元々ベンチャーでした。急激に成長したIT系の会社で顕著に見られますが、会社が大きくなってもベンチャー的気質が残っているところも多々存在します。またベンチャーであっても保守的な企業もあります。転職サイトの情報だけではなく、実際に働いている人に雰囲気を聞いてみたり、インターネットのクチコミをチェックするのも大切です。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ