採用への近道!?転職ノウハウ

転職方法を調べる

「働きやすい」と評判の、企業の特徴とは

掲載日:

出産・育児制度の整備

これまでは、会社において女性社員が妊娠するということは退職を意味していた時期がありました。今では出産・育児制度の整備が進み、出産や育児を理由に、会社が解雇したり、不当な待遇をするのは違法(労働基準法第19条)と認知されるようになりましたが、すべての企業がそれを順守している状況にあるとはいえません。企業がこの点をきちんと理解していなければ、出産や育児に際して不当な扱いを受け、結果的に職場での立場の問題として「退職せざるを得ない状況になっていた」ということにもなりかねません。

これは何も出産や育児を間近に控える女性だけの問題ではありません。出産や育児を考えている女性はもちろんのこと、そうではない女性にとっても休暇の制度などがきちんと整っていることは重要です。従業員を大切にする制度がある会社は、育児・出産以外の制度も同様に手厚い傾向があります。これは、企業が社員を大切にしているかどうかを知る良い目安となるでしょう。

出産・育児制度は女性のための制度のように考えられがちですが、男性も注目すべきポイントと言えます。男性も子育てに参加するのが当たり前となっている今、男性向けの育休制度も整いつつあります。女性と同様に長期間の休暇を取得できるのはもちろん、保育料の一部に補助が出るなど、独自のサポートを行っている企業もあるようです。

社内教育制度の充実

転職者にとって社内教育制度はしっかりと見ておきたいポイントです。この制度が充実している会社であれば、足りない業務スキルを磨くことができるだけでなく、自分が将来目指すキャリア像に近づくステップにもなるからです。

具体的には、研修の内容に注目するとよいでしょう。資格をはじめとして、インターネットを利用したeラーニングなど様々な研修がありますが、最近は中間管理職向けの教育制度に力を入れている会社もあります。これまで担当してきた現場の知識は豊富だけれども、マネジメントの経験がないために、管理職になったとたん、以前ほど活躍できなくなってしまったというのは、よく聞く話です。管理職向け以外でも資格取得に向けた研修など様々な研修制度を持つ企業も少なくありません。

新入社員や中堅社員などに幅広く研修制度が整っている会社であれば、長く働くことができるといえるでしょう。

ワークスタイルの多様性

インターネットが普及した今では、職場はオフィスだけというわけではありません。会社が認めていれば、自宅やカフェで仕事ができるようになってきています。

これは、在宅ワークやモバイルワークなどといわれる働き方で、時間や場所による制限を受けないのが特徴です。例えば、普段はオフィスで働いているが、台風や大雪のような悪天候のときには自宅で仕事をするといった、状況に合わせて柔軟に働くことができます。自分が集中して仕事ができるという点で考えると、働きやすい仕組みともいえ、現在注目されている制度です。

まとめ

今回は、働きやすい会社を見分けるときに役立つ、今、注目されている3つの制度を紹介しました。これ以外にも企業によって、様々な制度があります。転職を考えるときには、自分がどんな制度を重視するのか、じっくり考えて優先順位を付けておくと転職先の企業を選ぶときのポイントになるでしょう。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ