採用への近道!?転職ノウハウ

応募先を決める

「人を成長させてくれる会社」の特徴とは

掲載日:

人を育てる会社を選ぼう!

右も左も分からないうちから現場に駆り出される会社がある一方で、しっかりとした社員研修やOJTがある会社もあります。理想とする会社像は人によってそれぞれですが、経験の浅い若手社員や初めての業界で働く人にとって「人を成長させてくれる会社」は大変魅力的でしょう。

では、「人が育つ」と言われる会社にはどのような特徴があり、どのようなポイントを見れば見分けることができるのでしょうか?

「人が育つ会社」の見分け方

求人広告や求人には育成研修制度があれば、必ずといっていいほどそのことについて明記しているはずです。具体的に「どのぐらいの期間」「どんな方法」で研修を行うのかについては書いている場合と書いていない場合がありますが、面接時に質問することで確認することができます。

会社によって評価制度は様々です。年齢に応じてキャリアアップできる年功序列を敷いている会社もあれば、実力が反映されやすい成果主義を採っているところもあります。ただし、どちらの制度も一長一短ですから、自分の現在のスキルや理想とする働き方などを考慮して、より働きやすいと思う評価制度を持つ会社を選んでください。

人を大切にする会社というのは風通しが良いものです。上司や先輩社員にも自由に意見を言える社風だったり、経験の浅い社員にもチャンスを与えられる環境だったりすれば、人を育てる職場風土があるといえるでしょう。

採用の際には、良い人材を集めようとする意欲や採用活動への本気度を推察することも大切です。例えば離職率が高い会社では、「社員が辞めても補充すればいい」という考えから採用活動が杜撰になっているケースがあります。こういった会社は人を育てようとする意思が希薄ですから避けたいです。反対に本気で採用活動しているところには、採用の背景や目的などしっかりとした狙いがあります。こうした会社は、採用した社員が活躍できるような組織づくりが整備されていることが期待できるはずです。企業のWebサイトに採用情報としてこれらの情報を掲載している場合が多いので、採用に対しての取り組みの度合いを確認しておきたいものです。

成長が期待できない会社の特徴とは?

人を成長させる会社がある一方で、いくらがんばって働いても「成長できないかも…」そう思わせる会社もあります。そんな会社は人が育つ会社で紹介した特徴を裏返したような特徴を持ちます。箇条書きで記すと以下のような特徴を持つでしょう。

  • 社員同士の交流(挨拶、会話)がない
  • 社員を適切に評価する制度が未整備、もしくは不十分
  • 自分の意見が自由に言えない、情報を発信しても無反応
  • チャンスが与えられない、または教育もないままに現場に駆り出される
  • 離職率が高く、人材育成を重視していない
  • 社員同士の向いている方向がバラバラで、会社としての一体感がない

こうした職場環境の中で働いていると、いくら自分にやる気があっても職場の雰囲気に飲まれる形でやる気が削がれてしまい、成長することは難しいでしょう。これらの情報はネガティブなものですから、なかなか表には出てきません。企業のクチコミやその企業の社員を知る人に尋ねるなどして確認することが望ましいです。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ