採用への近道!?転職ノウハウ

転職方法を調べる

女性のキャリアアップで得るもの・失うもの

掲載日:

キャリア女性が活躍する一方で尻込みする女性も多い

安倍内閣が成長戦略の中核に掲げているのが女性活躍推進政策です。それを受けて「女性が輝く社会」の実現に向けた制度作りが進んでいます。その1つに挙げられているのが女性のキャリアアップです。2020年までに女性管理職の割合を30%までに増やす目標があり、今後数年間で多くの女性が管理職になることが予想されます。実際、責任ある役職で仕事に関わるキャリア女性も目立ってきました。

一方で、管理職を目指すことに尻込みしている女性も多いといいます。男性的な会社組織で女性が成功していくためには、キャリアか私生活かといった選択を迫られる場面があるからです。そこで、今回はキャリアを選ぶことで得られるもの、失うものは何かを解説します。

キャリアアップで得るもの・失うもの

管理職というとワーク・ライフ・バランスの取れていない「男性のようにバリバリ働くこと」が必要だというイメージを持つ女性は多いようです。女性には結婚、出産、育児などさまざまな人生のイベントが訪れる可能性があります。男性と同じように働きながら仕事も家事もこなさなければならない状況になることを考えると「自分には合わない」と考えて管理職を目指さない女性は少なくありません。

ただ、管理職になることはデメリットばかりではありません。管理職になることで、責任のある仕事を任されたり、仕事の裁量範囲が広がったりと、今よりもやりがいのある仕事ができる可能性があります。また女性が管理職に就くことで他の女性社員の憧れや目標となり、士気も高まるといわれています。

現在よりも収入が増えることも大きなメリットです。今のままの仕事と管理職になったときでは、どのくらい収入が違うのか一度調べてみると、具体的なメリットを知るきっかけになります。

このほか、人脈が広がったり、スキルアップにつながったり、仕事のモチベーションがあがったりといった、さまざまなメリットも挙げられます。また管理職の女性が働きやすい職場づくりを進めている企業も増え、ワークライフバランスに優れた働き方が実現できる可能性が高まってきています。
家事などは代行で請け負っているサービスも増えてきているので、自分の状況をみてそういったサービスを利用することも考えてみてはいいのではないでしょうか。

優秀な女性ほど自分を過小評価しがち

会社から管理職の打診があっても、自分の仕事を過小評価して辞退する女性は多いようです。しかし、それは非常に残念なことです。能力のある女性はこれからリーダーやマネージャーなどの管理職をはじめ、さまざまな働き方が期待されています。

責任感をもって仕事をしているなら、きちんと自己評価を高めることが必要です。自分が組織にとってどんな役割を果たしているのか、今一度考えてみましょう。そして、メリット・デメリットを考慮して、自分がなりたい最善の道を選ぶことがいいのではないでしょうか。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ