採用への近道!?転職ノウハウ

転職方法を調べる

転職者が知っておきたいお金の話 金融サービス編

掲載日:

転職してすぐは住宅ローン審査が厳しくなる?

住宅ローンを組む時、転職してすぐの場合は申し込みの結果に影響を及ぼすことがあります。住宅ローンの審査では勤続年数や年収などがチェックされます。転職してすぐの場合、その会社に本当に長く勤められるかを疑問視されるからです。

そのため、審査では勤続年数を1年以上や3年以上と定めているところがあります。転職直後の住宅ローンは難しいかもしれません。ただし、キャリアアップのための転職の場合、収入が上がっていたり、会社の規模が大きかったりすると審査を通過することもあります。

住宅ローンを組めない場合は、それまでの期間を「準備期間」ととらえて、頭金などの貯蓄を厚くしておくと月々の支払額を抑えることができます。

逆に住宅ローンを組んでからの転職はどうなのでしょうか。この場合は特にペナルティを課されることはありません。ただ、金融機関には前職の情報が登録されている状態なので、転職したことを金融機関に連絡するようにしましょう。また、住宅ローンの返済が不可能になってしまうほど収入が減ってしまった場合は金融機関に相談してください。

クレジットカードは作れる?

住宅ローンと同様、クレジットカードを作る場合も「勤務している会社」「収入」「勤続年数」がチェックされ、今までに延滞がなかったかも審査されます。仕事を退職してから転職活動する場合は無収入になっていますから、クレジットカードの種類によっては審査が通らない可能性があります。また、勤続年数が1年未満の場合は申し込んでも断られる場合もあるようです。

ただ、住宅ローンに比べて審査は厳しくなく、転職後、安定した収入があることを証明できれば、多くのクレジットカード会社でカードを作成することもできるようです。

給与天引きで加入している保険

生命保険や損害保険、ガン保険など、会社や労働組合などが主体となって加入し、保険料を給与天引きで支払うものを「団体扱保険」といいます。こういった保険は、退職時に取り扱いを変更する必要が生じることがあります。

新しい勤務先が団体保険の契約を取り交わしている場合はそのまま継続です。ただし、給与天引きでの取り扱いができなくなります。クレジットカードや口座引き落としなどへ変更する必要があります。保障内容が一定額に減額することを条件に継続できる場合もあります。この場合も保険料の支払いは変更となります。一切継続できない場合は退職後、自動的に脱退です。また退職者向けの代替商品が提示されるケースもあります。

まとめ

住宅ローンやクレジットカード、そして保険は転職後のライフプランに大きな影響を与える場合があるので注意しましょう。特に、団体保険中心で保険設定してきた場合は、保障内容が変更されることがあるので、一度必要な保障額を確認してみましょう。不安な方はファイナンシャルプランナーのような専門家に相談することをおすすめします。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ