採用への近道!?転職ノウハウ

転職方法を調べる

勤務先にバレてはいけない、転職活動の機密管理マニュアル

掲載日:

転職活動を知られてはいけない理由

転職活動をしている人の半数近くは、会社に在籍中に転職活動をしているといいます。近い将来の退職を見据えての転職活動ですから、会社にバレないようにこっそりと進めたいものですが、万が一バレた場合、どのようなデメリットが生じる可能性があるのでしょうか。具体的には、以下のようなケースに追い込まれることがあります。

  • 上司や同僚との関係が悪化する
  • 仕事のポストを外される、仕事を回してもらえない、いわゆる「窓際族」になる
  • 転職しないように釘を刺される、確約書を書かされる
  • 面接のための有休・半休が取れないなど、転職活動の露骨な妨害を受ける

もちろん、会社の社風や上司の人柄によっては転職活動を応援してくれるようなところもありますが、転職活動をしていることが発覚すると「会社へ不満を持っていること」が周囲に知られるわけですから、信用を失ってしまうことがあります。また、転職活動がうまくいかず、在職中の会社にそのまま残る可能性も考えると、転職活動の発覚は自らを苦しい状況に追い込むことになります。ある程度の目処が付いて内定をもらうまでは、退職の意思は秘密にしておいた方が無難でしょう。

転職活動は「働きながら」と「辞めてから」どっちがいいの?

転職活動が発覚する3つのケース

他人に相談したことが漏れて発覚

「人の口に戸は立てられない」といいますが、会社の同僚や友人、家族であっても転職活動をしていることは秘密にしておいた方がいいかもしれません。特に気をつけたいのは、親しい同僚に相談して、そこから上司にバレてしまうケースです。誰かに相談したいという気持ちは分かりますが、転職エージェントなど相談する相手は他にいますから、わざわざリスクをおかしてまで同僚に相談する必要はありません。

会社で転職活動をしていて発覚

勤務時間中にこっそりと転職活動をする人はさすがに少ないですが、会社のお昼休み中に転職情報サイトを見ていたら覗きこまれていたり、会社のメールを面接先の企業との連絡に使っていたらそこから発覚したりと、会社の中での転職活動はリスクが相当高まるということは間違いありません。そもそも、会社の貸与物であるパソコンや電話を私的に使用しての転職活動は横領罪にあたるおそれがあります。「会社では誠実に仕事をして、家で転職活動をする」と心がけておいてください。

勤務態度の変化から発覚

本人は案外気づかないものですが、転職を決意する以前と以後では勤務態度が変わってしまうことがあります。「仕事へのモチベーションが落ちる」「急に明るくなる」「何にでもYESというようになる」「付き合いを断るようになる」などが典型的なパターンですが、あなたの働き方の変化から不審に思われて、発覚するのはよくあることです。ただし、上の2つのケースとは違って明白な証拠を握られたわけではないので、探りを入れられてもきっぱりと「転職活動はしていません」ということができれば、それ以上追求されることはないでしょう。

どう作る?忙しいあなたの転職スケジュール!

有給休暇の取得について

ちなみに、「半休や有給を取得するようになった」という理由から転職活動が発覚することもあります。しかし、転職活動は情報の収集や面接など、どうしても仕事の両立が難しい局面が訪れます。有給休暇を取得する必要もあるでしょう。有給休暇はどのように利用しようと会社に理由を説明する義務はありません。そのため、転職活動に利用することにも何ら問題はありません。

ただし、有給休暇が相次いだことで上司から疑いの目で見られるようになり、会社に居づらくなってしまった、というケースがあります。それを防ぐためには、応募先を絞ったり、長期的な転職スケジュールを組んで有休を取る頻度を考えるなど、疑われないような工夫をする必要があります。


いかがでしたか?転職サイト「ピタジョブ」では、あなたの個人情報を厳重に管理するため、誰かにバレることなく安心して転職活動を行うことができるので、ぜひ試してみてください!



あわせて読みたい

応募から内定、入社までの平均期間は○ヶ月?!の記事を読む 応募から内定、入社までの平均期間は○ヶ月?!の記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ