採用への近道!?転職ノウハウ

転職方法を調べる

事前準備が大切!計画的な転職スケジュールの作り方

掲載日:

転職活動はスケジュールを立てることから始まる

一斉にスタートする新卒採用とは異なり、仕事を続けながら転職活動する人もいれば、退職してからスタートする人もいるように、転職活動は人によって活動内容や期間は大きく違います。何からやればいいのか迷ってしまわないために、まずは転職活動のスケジュール作りから始めてみましょう。

スケジュールを立てることで転職の流れを確認できます。転職活動は自己分析にはじまり、情報収集、応募企業の絞り込み、書類作成、応募、そして面接と内定までのプロセスは多くあります。転職準備資金を確保し、転職理由を明確にし、退職のスケジュールについても検討しておかなければなりません。スケジュールを組むことでスタートからゴールまではっきりしますし、その間のやるべきことも見えてきます。転職成功のポイントは全体の流れをつかんだ上で、計画的に動くことです。

また、転職活動は欠員募集が主となるため、採用人数は1名~数名程度が一般的です。ですので、採用が決まればすぐに応募が締め切られてしまいます。いつ、どこで、どんな求人が募集されていてもすぐに対応できるように準備しておく必要があります。そのためには転職スケジュールを組んでおくことが重要です。

転職スケジュールをシミュレーション

転職スケジュールを立てることの重要さが分かったところで、実際に転職希望者はどのようなスケジュールを立てているのでしょうか。よく転職活動の標準期間といわれる3か月間を例にやるべきことをまとめてみます。


1か月目「転職活動のスタート!じっくりと計画や戦略を練る」

転職の全体の流れを把握し、必要な期間や資金をおさえる時期です。また、ここでキャリアの棚卸しを行い、転職理由を明確にしておきましょう。そして、キャリアや転職理由をもとに希望条件を設定します。転職情報の収集ツールには転職サイト、求人情報誌、人材紹介などさまざまなツールや方法がありますが、求人を探しだす前にその特性について調べておきましょう。


2か月目「応募する企業を絞り込み、いよいよ採用試験に臨む」

希望条件と照らし合わせながら求人を実際に探していく時期です。気になる企業や業界があれば、企業研究や業界研究を行い、応募先を絞り込んでいきます。

2か月目は応募や面接期でもあります。自己PRのためにキャリアを整理し自分のアピールポイントを見つけておきましょう。職務経歴書や履歴書を作成し、応募します。そして筆記試験や面接の準備を行うなど、この時期はとにかくやるべきことが多いのでスケジュールを作り、余裕を持って動けるようにしましょう。


3か月目「内定を獲得、円満退社の準備をする」

転職活動が佳境となる3か月目は内定を獲得することに全力をそそぎます。晴れて内定を獲得すると退職と入社の準備がスタートします。退職願を提出し、引き継ぎを行います。引き継ぎが完了すると退職となります。さらに、保険や税金の手続きなどもあるので、最後までぬかりがないようにきっちり締めくくってください。

おわりに

今回は転職活動スタートから退職までの流れをご紹介しました。スケジュールは1週間単位でやるべきことを書き出しておくのもいいでしょう。たとえば「月曜日は人脈を広げる」「火曜日は求人情報を収集する」「土日は書類作成に集中する」などとやるべきことを細かく決めておくと慌てずスムーズに進めることができます。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ