採用への近道!?転職ノウハウ

転職方法を調べる

転職経験者が考える「良い転職」、未経験者が考える「良い転職」その違いとは?

掲載日:

「良い転職」と「悪い転職」

「転職したい」と考える人たちの誰もが良い転職にしたいと考えているはずです。

しかし、一口に「良い転職」といってもその具体的な内容は人によって変わってくるでしょう。明確な目的意識がなく、なんとなく考えていると、たとえ転職活動が成功しても、イメージと実際の職場のギャップに悩んだり、自分が本当に実現したいと思っていたことに後から気づいたり、転職後も不満を抱えながら働いてしまうという「悪い転職」になってしまいます。

転職への具体的なアクションを起こす前に、まず「自分にとって良い転職とは何だろう」と考えてみることはとても大切です。

転職者経験者が重視した「良い転職」のポイントとは

では、実際の転職経験者はどのような希望を抱いて転職活動をしたのでしょうか。これを知ることは、あなたにとっての良い転職を考える手がかりとなるでしょう。以下、様々なメディアのアンケートで多く挙がる回答を2つ紹介します。


良い同僚や上司に出会える

一緒に働きたい仲間や上司がいることは、転職理由としても多いようです。具体的には尊敬できる上司がいること、お互いに刺激を与えられるような関係を求めるコメントが多く、職場の人間関係は働く上で大きな比重を占めていることが伺えます。


将来の目標(キャリアプラン)を実現できる、近づける

将来の目標がある人、実現したいキャリアプランがある人にとっては、その目標に少しでも近づける転職先を選びたいはず。その会社で働くことを見据えて、自分がやりたいことができる職場なのか、成長できる職場なのかを見極めて、転職活動する傾向があるようです。

転職未経験者にとっての良い転職

一方、転職未経験者に「あなたにとって良い転職は何ですか?」と質問すると、給与や待遇などの改善を希望する傾向にあるようです。

両者の違いを簡単に言ってしまえば、転職経験者は転職先との人間関係や自分のキャリアプランなど、転職を長期的に考えている傾向にありますが、転職未経験者は現状の改善、つまりすぐに得られるメリットを優先する傾向があるといえます。

どちらが良い悪いというわけではありませんが、転職経験者の意見は無視できないでしょう。初めての転職になる人にとっては、給与や待遇ばかりが気になるかもしれませんが、これから数年~数十年と働く会社を選ぶわけですから、長期的な視点も持つことも考えてみてください。

「転職しない」という選択肢を持っておくことの大切さ

また、良い転職にするための心構えとして「転職しない」という選択肢を持っておくことも大切です。会社への不満や転職理由の中には、会社や上司に働きかけることで改善するケースもあります。「転職しかない」と決めつけるのではなく、まずは一度相談してみてください。

また、転職活動は全てが思い通りにいくわけではありません。その点を理解せずに転職してしまうと大変危険です。転職活動をするときは、内定が出てから現職の会社と内定先を比較してから最終的に判断する、ということでも構いません。結果的に転職せずとも、転職活動はあなたの市場価値やキャリアパスの可能性を探る貴重な経験となるからです。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ