採用への近道!?転職ノウハウ

転職方法を調べる

派遣から正社員を目指せる「紹介予定派遣」

掲載日:

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは、派遣先の企業で一定期間働いた後に、雇用側と労働者側の合意が合った場合に、派遣から正社員または契約社員などの直接雇用になる制度のことです。

紹介予定派遣の期間は法律によって最長で6か月と定められていますが、早い場合は1か月で直接雇用に切り替わることもあります。派遣先企業は6か月の間に採用の可否を決めなくてはならず、法定期間を超えても派遣社員のままということはありません。

通常の派遣では、派遣先企業が履歴書を見ることや、面接をすることできませんでしたが、2004年の法改正によって紹介予定派遣に限り、派遣就業開始前に履歴書の送付や面接が可能になりました。

紹介予定派遣のメリット・デメリット

紹介予定派遣のメリット

派遣から正社員を目指せる

企業が正社員を雇用する場合、月々の給与だけではなく、賞与や社会保障など様々なコストが発生します。また正社員は法律上、簡単に解雇することができないため、企業はどうしても慎重になりがちです。一方、正社員を目指している被雇用者側からすると、いつまで非正規雇用なのだろうかと不安な状態で働くことになります。

このような停滞した状況を打破するのが紹介予定派遣です。直接雇用を前提とした制度のため、法律で定められた6か月後には合意のもとで正社員になるチャンスが生まれます。腰を落ち着けて仕事をしたい方にぴったりの制度といえるでしょう。


派遣先の雰囲気を知ることができる

正社員として採用されたとしても、職場の雰囲気が合わなかったり、仕事内容が理想と違ったりすれば、転職を選ぶ人が出てきます。被雇用者にとって時間のロスであるのはもちろん、雇用者にしても採用をやり直さねばならず、お互いのためになりません。
しかし、被雇用者は紹介予定派遣として一定期間働けば、直接雇用される前に職場の雰囲気を知ることができます。未経験の職種にチャレンジしたい方や、職場の人間関係等を重視したい方に向いています。


紹介予定派遣のデメリット

双方の合意が必要

紹介予定派遣を利用する際には「双方の合意が必要」というところに気をつけましょう。被雇用者が正社員を希望していたとしても、雇用者側が合意しなければ契約は成立しません。


求人が限られる

紹介予定派遣は雇用者側にとっても、被雇用者側にとっても大きなメリットがある制度です。しかし、一般の求人と比べると多いとは言えません。求人を紹介予定派遣に限定することで、逆に可能性が狭まってしまうリスクがあります。

紹介予定派遣を有効活用するために

紹介予定派遣は既に派遣として活躍している方だけではなく、これから就職活動をする方にもお薦めの方法です。業界によっては正社員枠で応募するよりも、一旦派遣やアルバイトを経た方が正社員になりやすい場合もあります。

一般の求人と比べると選択肢が少ないというデメリットがありますが、紹介予定派遣に力を入れている派遣会社ならば求人数が豊富です。IT系に強いところもあれば、医療・福祉系に強いところもあるので、志望業種によって派遣会社を選択するようにしましょう。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ