採用への近道!?転職ノウハウ

転職方法を調べる

「人材紹介サービス」と「求人サイト」の違いとは?

掲載日:

人材紹介サービスとは

「求人サイト」とは求人情報を掲載しているサイトのことです。正社員はもちろん、契約社員やアルバイト・パートなど、様々な転職情報を掲載しています。面接のコツや、履歴書の書き方などお役立ち情報等も掲載されていますが、基本的に転職先企業の担当者とメッセージのやりとりをするのは自分です。

一方、「人材紹介サービス」とは民間の職業安定所(ハローワーク)のようなものです。求人サイトと同様に正社員や契約社員、アルバイト・パートなど様々な雇用形態がありますが、人材紹介サービスでは担当者が企業と転職希望者の間に入り、採用活動・転職活動をサポートしてくれるサービスです。社員を募集している企業に対して担当者は適切な候補者を紹介し、候補者は直接企業と雇用関係を結びます。企業に直接雇用される点において人材派遣会社とは異なるサービスとなっています。

人材紹介サービスのメリット・デメリット

人材紹介サービスのメリット

専門的な意見を聞ける

人材紹介サービスの担当者は数多くの転職を成立させてきたエージェントです。転職のノウハウは相当なもので、面接や履歴書のコツのような基礎的な情報から、キャリアパスまで幅広い知識を持ち合わせています。初めて転職をする方も安心して転職活動できるでしょう。

非公開求人もある

企業によっては、求人サイトのように不特定多数に求人情報を公表されるのを嫌うところもあります。「同業他社に採用を秘密にしたい」「量より質を重視したい」「すぐに採用したい」など、掲載企業によって様々な事情があります。転職希望者にとってはライバルが少ないため、採用率が高いところが魅力です。

相手企業の情報を詳しく知ることができる

一般的な求人サイトだと、転職希望者は企業の採用担当者と直接交渉をすることになります。しかし、人材紹介サービスでは間にプロの転職エージェントが入るため、より相手企業のことを詳しく知ることができます。面接では聞きづらいような質問でも代理に質問してくれることもあり、心強い味方となってくれるでしょう。

人材紹介サービスのデメリット

自分のペースで動けない

求人サイトでは自分のペースで転職活動できますが、人材紹介サービスでは転職エージェントがプランを組み立ててくれます。スピーディーな転職を目指している方にとっては非常に便利ですが、じっくりと吟味したい方にとっては忙しく感じるかもしれません。また 、転職エージェントが持っている求人(非公開含む)に候補が限られてしまうということも理解しておく必要があります。

一般公募が優先される可能性がある

人材紹介サービスは転職の仲介料を企業側から貰うことで利益を出しています。企業側が人材紹介サービスと求人サイトを併用している場合、手数料が不要な一般公募者を優先して採用する可能性があります。

人材紹介サービスを有効活用するために

一言で人材紹介サービスと言っても、運営会社によって得意分野が異なります。営業から製造まで幅広く取り扱っているようなところもあれば、医療系を専門にしているところや、IT系の企業に強いところもあります。
単純な求人数だけではなく、転職エージェントの知識量も異なってくるため、サービス会社選びは重要なポイントと言えるでしょう。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ