採用への近道!?転職ノウハウ

転職方法を調べる

「35歳転職限界説」は本当か?30代後半の転職事情

掲載日:

「35歳転職限界説」がささやかれてきた理由

「転職したいけど、年齢的にもう無理だ…」30代を超えるとそう考えるビジネスパーソンは多くなるようです。実際、「転職なら20代、少なくとも35歳までにはしたほうがいい」と昔からいわれてきました。これを俗に「35歳転職限界説」といいます。

ひと昔前までの転職といえば、給与アップやポジションアップが前提でした。年齢の高い人を採用し多くの給与を払うよりは、給与が低く、柔軟性が高い若い世代を採用するほうが相対的にリスクは低いからです。そうすると必然的に採用は厳しいものになります。「年上の部下はなるべく入れたくない」という職場の意向もあります。このように30代後半の転職は、「給与」「役職」「柔軟性」「人間関係」などが原因で不利になっていました。

しかし、近年は雇用環境の変化から35歳以上の転職希望者が増し、成功しているといいます。

「35歳転職限界説」はなぜ崩れた?

30代後半の転職が活発化している理由は2つ挙げられます。1つは、マーケットの急速な変化です。これまでは社内教育によって一人の社会人を育て上げるという体制でしたが、それがグローバル化や技術の高度化、事業展開の加速化、人員の削減などにより対応できる企業が少なくなってきました。そこでポテンシャルの高い人材を採用する動きが活発化しています。

もうひとつが年功序列の崩壊です。これまでの会社体制は年齢と役職をもとに給与が決められていましたが、成果主義や能力主義を採る企業が増えたことにより、30代後半の採用に積極的になっているといいます。こうした変化の中で、転職市場の転職限界年齢は引き上がり、現在は40歳をボーダーラインとする見方が強いようです。

年齢の壁を越えるには?

ここまで、厳しいといわれている30代後半の転職が必ずしもNGというわけではないことを説明してきました。

ただし、企業の本音として年齢を採用の基準にするところは依然として多く、20代や30代前半に比べて、転職が難しくなる傾向があるのは間違いないようです。年齢の壁を越えるにはどうしたらいいのでしょうか。

キーワードとなるのは「即戦力」でしょう。即戦力となりうる人材はミドル層、さらに高い年齢の人でもニーズが高まっています。また、社内にいる人材とは異なった経験や能力を持つ人材も求められています。社内にいる人材や同じ業界・業種の人材は既存事業を拡大することには向いていますが、新規事業や市場の開拓など、新しいことが求められている分野は、これまでの先入観や経験がないことから新しい発想が生まれにくいです。そのため、業種や業界を超えて活躍できる人材を企業は採用したがっています。

年齢の高いビジネスパーソンが転職するときは、こうした時代や業界の変化を読み取りながら、企業がどこまで譲歩できるか見積もり、自分にしかない強みを発見しアピールすることが大切です。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ