採用への近道!?転職ノウハウ

転職活動の前に

「キャリアの棚卸し」が転職の成否を分ける!?

掲載日:

キャリアの棚卸しとは

転職に関する情報を探していると、「キャリアの棚卸し」というフレーズをよく見かけますよね。ひと言で説明すると、これまでに何をやってきて(経験や仕事内容)、その結果どんな実務能力が身についたのか(実績やスキル)、そして何がしたいのか(将来的な展望)、これらを洗い出すことをいいます。

キャリアの棚卸しをする理由

キャリアの棚卸しをする理由は2つあります。まずは、転職の際の自己PRや職務経歴書を作るために必要だから、という理由。「転職のスタートはキャリアの棚卸しから」といわれるように、キャリアの棚卸しはすべてのベースになります。キャリアの棚卸しを行うことで、自分の長所や短所、これまでの経験や実績が見えてきます。これを材料に分析し、自分のアピールポイントを考えます。内定を獲得するために必須の作業です。

もうひとつの理由は転職理由の明確化です。転職活動は希望の転職先から内定をもらうことがゴールではありません。それよりも大切なのは、「転職してよかった」と思えるような転職にすること。とはいっても、どんな転職先を選べばいいのか、転職活動のスタート時点ではっきりと分かっている人は多くありません。そこで、自分のキャリアを振り返り、今後の方向性を探る「キャリアの棚卸し」が必要になるわけです。

キャリアの棚卸しは内定を獲得するための準備でもありますが、さらに大きな転職成功の鍵を握る大切な作業であることを意識しましょう。

キャリアの棚卸しの方法

自分のことは自分がいちばん分かっているようでいて、実はよく分からないもの。キャリアの棚卸しをするときは自分自身をどう振り返り、バリュー(価値)を見つければいいのか分からず、途方に暮れてしまう人は多いようです。

キャリアの棚卸しは「考えるな、思い出せ」とよくいわれます。「自分の強みは何か」という問題設定は抽象的ですから、袋小路に陥りがちですが、「これまでにどんな仕事をしてきたか」という具体的な問題設定なら、具体的な仕事内容やエピソードを思い出すことができるでしょう。バリューを考えるときは、これを取っかかりにあなたにしかない強みを組み立てていきます。

自分が知らない自分を知る方法

他人の意見を聞くことで、自分では気づかなかったアピールポイントが見つかることもあります。友達や家族から意見を聞くだけでなく、自分との関係が薄い人にもアドバイスを求めてみてください。キャリアの棚卸しはひとつの視点だけでなく、さまざまな角度から立体的に自分を捉えるようにしてください。

キャリアをまとめる

自分のキャリアを振り返ったらまとめましょう。どんな業界、会社、部署、役職で、どんな職務に就き、どんなスキルや経験を積んできたのか。職務内容や成果、実績、能力を具体的に書き出します。

ポイントは実績です。「いかに売上拡大(コスト削減)に貢献してきたか」これを数値やデータを通して定量的に表現できると説得力を増すでしょう。具体的な成果が思いつかない場合は、失敗して学んだことについて考えてみましょう。どんな課題があり、自分はどのような役割を果たし、なぜ失敗してしまったのか、具体的なエピソードを交えながら話すことができれば、あなたの誠実さが伝わるかもしれません。

そして、今後の展望をまとめます。希望する業種や職種、給与、勤務地などを書き出し、今までのキャリアから仕事にどのように取り組みたいのか書き出しましょう。書き出した希望条件は優先順位をつけておくと、自分の軸が決まるのでおすすめです。


この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ