採用への近道!?転職ノウハウ

転職活動の前に

人間関係の転職前に考えておきたいポイント

掲載日:

社風が合わないのか、上司などの個人が合わないのか

会社に居づらいと感じたり、職場の雰囲気に合わないと感じた場合、まずはその原因について考えてみましょう。同じ居心地の悪さであっても社風が合わないのか、それとも上司や同僚などの個人が合わないのかによって事情が変わってきます。

社風が合わないと感じる場合、それに与える影響がどれほどのものかを考えます。その影響が会社や自分の双方にとってプラスには働いていない、と感じた場合は黄信号です。会社の規模によりますが一社員が環境を作り変えるのは難しいと考えられます。今の仕事が楽しいと感じているのであれば、同じ業種の会社に転職してみてはどうでしょうか。

一方、上司や同僚などの個人が合わない場合ですが、今すぐ転職する必要はないかもしれません。今は同じ職場であっても、定年までずっと一緒とは限りません。人事異動によって原因となる人が居なくなるかもしれません。今の仕事が楽しいと感じているときは、もう少しだけ我慢してみてはどうでしょうか。

そもそも自分に原因がないのか

上司や同僚など社内の他の人とそりが合わない場合には、つい相手のほうが悪いと考えがちです。でも本当に自分に原因はないのでしょうか?人間関係は複雑で、知らないうちに相手のことを傷つけてしまったり、もしくは相手が過去のことをずるずると引きずっている可能性もあります。

実際に、問題の上司や同僚と腹を割って話してみた結果、関係が改善されたというケースもあります。本人に聞きづらいときは第三者に尋ねてもらうのも効果的な手法の一つです。

その原因を転職の面接で説明できるのか

面接では正直に話すことが大切です。しかし、人間関係が原因で転職するときは注意が必要です。ありのままに転職理由を告げてしまうと面接官の心象が悪くなる可能性があります。

本当のことであっても「上司の性格が悪くて…」「職場の空気が最悪で…」などと言ってしまうと、面接官にとっては愚痴っぽく聞こえてしまいます。採用する側としては、また同じように人間関係で辞められてしまったらと危惧してしまいます。

鬱憤がたまっているかもしれませんが悪口にならないように気をつけながら、環境を一新して高みを目指したいというように、ポジティブに感じられるように伝えると良いでしょう。

転職先でも同じ悩みを抱えないのか

現在進行形で人間関係に悩まされている人からすれば、転職をすることで状況が改善するだろうと思ってしまうのも無理はありません。しかし、転職先でも同じような人間関係に悩まされることも少なくないようです。

せっかく転職をすると決めたのですから、転職先で同じような悩みを抱えないためにも、情報収集は念入りに行いましょう。会社の雰囲気や、上司や同僚を含めた人間関係を詳しく知りたい場合は、人材紹介会社のエージェントと相談してみましょう。

また面接の際に、職場見学させてもらうのも有効です。上司となる人に挨拶をして人当たりをチェックしたり、現場の空気を直接肌で感じることができます。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ