採用への近道!?転職ノウハウ

転職活動の前に

転職で絶対勝ち取る年収アップ策!

掲載日:

「安すぎるかも・・・」と思ったら?

「ひょっとして、自分と同世代・同業種の人たちはもっと給料をもらっているのでは?」

ふとそんな疑問が頭をよぎることがあります。学校の同期の仲間と会ったとき、あきらかにみんなと生活水準が違っていたり、旅行やショッピングにかけられる予算・貯金額などに大きな違いがあったときなど、「私も同じくらいは働いているはずなんだけど・・・」と悲しくなった経験はないでしょうか。また他人と比較しなくても「ここまで働いているのに、どう考えてもこの年収は少なすぎる!」としか思えないこともあるでしょう。

会社員にとって、年収は「自分への評価」であり「期待値」でもあります。あきらかに安すぎる年収は、あなたを適正に評価していないということの現れでもあり、あなたという人材を活用できていないという証拠でもあります。「安すぎるかも?」と思ったら同世代・同業種の人たちの「年収相場」を調べ、あまりに年収が少ないようなら転職を真剣に検討すべきかもしれません。

無理のない転職で年収アップを!

年収相場を調べる際、あまりネット上の根拠のない情報を鵜呑みにせず、信頼できる統計情報を調べるか転職コンサルタントなどの助言を受けるべきです。そのうえで「あきらかに年収が少ない」と判断できたら、年収アップを第一条件に設定しなくても、「普通の転職」で十分年収アップの夢は実現できるでしょう。

ただし、転職条件として「最低でも年収がこれくらいは欲しい」というラインは明確にしておくべきです。あまり安売りしている印象を持たれると採用条件が不利になりますし、せっかく転職してもまた収入面で不満が・・・ということの繰り返しになりかねません。

評価基準のハッキリした会社をターゲットに

転職先を検討する際、昇給や減給に対してどのような評価制度を導入しているか、しっかり調べておきたいものです。「意欲や能力に応じて積極的に昇給します」と標榜している会社でも、入社してみたら公平客観な人事評価制度がなく、上司の好き嫌いや主観で評価される・・・というようなケースもあります。また額面上の年収は多いものの福利厚生制度がまったく充実していないというような会社では、実質的に年収ダウンしてしまうリスクもあります。

「お金のことをとやかく言うと面接官の印象を悪くするのでは?」と心配する人もいますが、「私はこれだけ働きます。どれだけ成果をあげたら、年収はいくらいただけますか?」とビジネスライクな話もできる会社の方が、結局はモチベーションや目標意識を高く維持でき、働きやすい会社ということになります。

ジョブチェンジも視野に入れて

「自分の会社の年収が特に低いというわけでなく、業界や職種の平均年収水準がそもそも低かった」というようなケースでは、異業種への転職も考慮に入れるべきです。転職時の年齢や家庭状況に応じて転職リスクも評価するべきですが、「どうしても年収アップしたいのに、この業界にいる限りそれが実現できない」ということなら思い切ったリスクテイクも必要ではないでしょうか。

ただし、こうした異業種への転職は慎重に検討する必要があります。自分を必要としてくれる会社がどれくらいあるのか、その業界で活躍するためにはどんなスキルを身につけておけばいいのかといったことをリサーチするとともにコンサルタントなど専門家の意見にも耳を傾け、計画的に転職計画を進めるべきでしょう。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ