採用への近道!?転職ノウハウ

転職活動の前に

資格は転職に有利なのか

掲載日:

資格を取得する前に考えておきたいこと

資格を転職に役立てようと思っている人も多いのではないでしょうか?これから何らかの資格を取ろうと思っている人も多いと思います。確かに資格を取得しておくと、履歴書の資格欄を埋めることができますし、不利になることはありません。しかし、資格があるからといって転職活動が有利に運ぶわけではありません。転職活動の大前提として、企業は実業務の経験や実績を重視します。どんなに難しい資格をもっていても、実務経験を伴わない資格なら、思うような評価を得られないでしょう。

資格を取得しようとする人は、往々にして、転職で特記できる経験や実績がないと考えています。つまり、職務経歴書や履歴書に書けるような強みがないから、資格を取得しようとするわけです。しかし、それは大きな誤解です。数字として目に見えるような実績がない人も、まだ経験が浅い若手社員にも強みは必ずあります。資格を取得しようとする前に、まず自分のキャリアの棚卸しをして、自分の強み、得意なこと、こだわりたいことなどを発見してみましょう。当たり前のようにこなしていた仕事も、実は強力なアピールポイントとなることがあります。


その資格は仕事に必要?

資格がそれほど大きなアピールにならないもうひとつの理由は、資格と仕事の関連性が希薄なことです。極端なことをいってしまえば、営業職で働く人が弁護士資格をもっていても宝の持ち腐れでしょう。資格欄にどんな資格を記入しても自由ですが、業務と直接関係のない資格は、むしろ記入しないほうがいいこともあります。

逆にいえば、現在の仕事や転職先の仕事内容と延長線上にある資格ならば、評価される可能性があります。そのため、資格は「実務経験とワンセット」だと考えてください。資格を記入する前に企業側のニーズをくみ取り、その資格が本当に必要かどうか検討しましょう。そして、アピールする場合はきちんと戦略をもって、資格の内容や業務への活用法を説明できるようにしておく必要があります。


あなたにとって本当に役立つ資格とは?

営業職の場合

営業職は前職の実績や仕事内容が重視されます。具体的な数値で表しにくい人は「証券アナリスト」や「ファイナンシャルプランナー」など、名刺に書くことで営業先の信頼が高まる資格がおすすめです。不動産業界の場合は「宅地建物取引主任者」が業界につながる取得になります。


事務職の場合

経理なら「簿記2級」以上、労務事務なら「社会保険労務士」が有効な資格です。資格取得支援制度を整備した職場も多々あります。ただし、事務職は実務経験がものをいう職種。他業種からの転職の場合、資格は実務経験の代わりにはなりにくいということは注意してください。


企画職の場合

企画職は現場の経験が優先され、商品企画のように資格が有利に働かないところもあります。それでも英語力は外資系企業を中心にニーズが高まっています。応募の際の条件として「TOEIC600点(700点)」以上を設定する企業も多いです。


技術職の場合

技術職はほかの職種よりも資格が評価される企業が多いです。ソフトウェア・ネットワーク系の技術職の場合は、「プロジェクトマネージャー」や「システムアナリスト」など高度なIT資格を持っていれば評価が期待できます。ただし、電子・電気・機械などの技術職の場合は、専門性が高いため資格よりも実務経験が優先されます。ただし、国家資格の「技術士」は例外で、さまざまな分野で重宝される資格です。とくにエレクトロニクスや建設分野では高く評価されています。


クリエイティブ職の場合

資格が重要視される職種ではありませんが、「自分にどんな能力があるか」その方向性を示せるような資格は評価されることがあります。たとえば、出版業界の場合は「DTPエキスパート」を持っていると製版印刷の基礎知識やDTPの知識があることを示せます。


この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ