採用への近道!?転職ノウハウ

転職活動の前に

就業中と辞めてからの転職メリット・デメリット

掲載日:

「働きながら」と「辞めてから」どちらが多い?

転職活動のベストなタイミングはいつなのでしょうか?就職情報サイトや求人情報誌などの調査を参考にすると、「働きながら」と「辞めてから」の割合は、ほぼ半々となることが多いようです。

ただし、転職活動はこのどちらを選ぶかによって活動のしかたが異なりますし、仕事の忙しさや家庭の事情など個々の状況に応じて、どちらを選んだほうがいいのか変わることもあります。そこで、この記事ではそれぞれのタイミングで始めるときのメリット・デメリットと転職成功のポイントをまとめました。「いつ転職活動を始めればいいんだろう?」「自分はどっちの方法が適しているんだろう?」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職後の転職活動

退職してから転職活動を始める最大のメリットといえば「時間の制約がないこと」。転職活動は目標を絞ってきちんと準備することが大切ですが、なかでも自分の強みをどのようにアピールするか、その戦略や戦術をよく練る時間が必要です。辞めてからの転職活動は、転職活動だけに集中することができ、じっくりと一人で考える時間を持つことができます。また、仕事を辞めることで「あとがない」と良い意味で緊張感が生まれます。

ただし、ブランク期間が半年を超えてしまうと企業によってはマイナス評価につながることがあり、仕事を探している間は無収入となってしまうので、短期決戦で臨みましょう。資金は失業手当をあてにすることもできますが、退職してから支給までに3ヶ月かかるので、その間の生活資金はためておかなければなりません。


豊富にある時間を有効活用するためには?

仕事を辞めたわけなので、時間は豊富にあると思います。時間を有効活用するために、まずはしっかりとしたスケジュールを組みましょう。いつまでに転職を決めるのか、貯金や退職金、自分の希望する転職の難易度からだいたいでいいので割り出してください。そして、会社選びの基準を明確にします。時間が多いと求人情報を収集しすぎてしまい、かえって混乱することがあるからです。どんな仕事・環境で働きたいのか、希望条件を明確にしておきましょう。

1週間のスケジュールを組んで「月曜日は求人情報を収集」「火曜日は人脈を広げる」「水曜日は自己分析」などと、やることを決めておくといいですね。豊富な時間を利用して職業能力開発のセミナーや資格講習に通い、スキルアップしておくこともおすすめします。

在職中の転職活動

辞める前に転職活動を始める最大のメリットは「失業」という事態を回避できることにあるでしょう。安定した収入があることで生活面での不安はなくなります。ただし、現在の業務と転職活動の両立を図る必要があり、転職活動していることが現在の職場に見つからないように慎重にことを進める必要もあります。


「時間管理」と「転職への強い意志を持つこと」が大切

日常の業務をそつなくこなしながら、転職活動を進める必要があるため、「時間管理」が最大のポイントです。時間は限られている分、具体的な活動をスタートする前に、しっかりと目標やスケジュールの設定を行いましょう。

とくに、時間を豊富に使える休日をどう有効活用するかによって、転職の成否は決まります。いつでも行える情報収集は平日に回し、自己分析や書類の作成など、時間がかかり、集中して行う必要があるものは休日に行うようにすると効率的です。面接は時間のやりくりが大変になりますが、面接先と日時の交渉をしたり、有給休暇を利用したりして乗り切りましょう。

また、在職中の転職活動は働いているがゆえに、転職の意志が弱くなりがちで、ズルズルと期間を延ばしてしまうことがあります。そのため「この日までに転職する」という強い意志をもって行動することが大切です。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ