採用への近道!?転職ノウハウ

転職活動の前に

絶対に後悔しない!35歳からの転職講座

掲載日:

人生の折り返し地点に向けて転職を考える

30代後半の社会人というと、一度も転職を経験していないのであれば、会社に入社してから10年以上のキャリアを積んだ中堅社員。責任のあるポストに付いていたり、部下を抱えていたり、会社の中核としてバリバリ働いている人も多いと思います。

ただ、忙しいながらも心のどこかに不安を感じ始めるのもこの時期。まだまだ定年は先のこととはいえ、40歳という人生の折り返し地点が見えてきますから、「今の会社で定年を迎えてもいいのだろうか」と悩み始める時期かと思います。実際に組織で働くことの意味を見失って悩む「心の定年」が多いのも30代後半~40代にかけてと言われています。

そもそも求人はあるのか?

しかし、いざ転職を決意したとしても30代後半を対象にした求人はあるのでしょうか。一般的に求人が多いのは25歳~28歳にかけてで、30歳を超えると求人は少なくなっていく傾向があります。そして、35歳を就職可能年齢の境目とする「35歳転職限界説」も世の中に流布しています。

ただし、これには注意が必要です。確かに35歳を超えて全くの未経験の業種にキャリアチェンジすることは珍しく、「未経験可」の求人を見つけるのは難しくなるでしょう。しかし、年齢に相応しいキャリアを積んだプロフェッショナル人材なら求人は充分に見つかりますし、年齢のハンディキャップもそれほど感じません。

さらに、今、転職市場において40代~50代のベテラン社員の注目度が高まりつつあります。40代~50代はビジネスパーソンとして豊富な経験とスキルを持ち合わせていることが評価の理由ですが、ベテランや中堅社員を重視する動きは、35歳以上のビジネスパーソンにとっても有利に働くと考えられます。

上位職に必要なマネジメント力をアピールするコツ

30代後半の求人は、プレイヤーの求人もありますが、チームを率いる管理職の募集が多く、マネジメント力が求められる傾向にあります。面接などでマネジメント力をアピールするときは、「部下の面倒見がよい」「悩み相談によく乗った」といった話をする人がいますが、マネジメント力を証明するには不十分です。

どの部署で、どのくらいの人数、どのくらいの期間、どのようにマネジメントしていたのか、それぞれ数字を交えながら実績を説明すると、採用担当者に伝わりやすくなります。また、マネジメントをするうえで自分の方針が受ける会社の方針に合致するかも重要なポイントになってきます。

転職してワーク・ライフ・バランスを実現したい

30代の転職理由として「落ち着きたい」を挙げるビジネスパーソンは多く、プライベートや家庭の時間を重視する「ワークライフバランス」を実現したいと考えるケースも多いようです。

ただし、転職してしばらくは新しい仕事を覚えたり、周囲との人間関係を築くことを優先したりする時間が必要なため、ワークライフ"アン"バランスになってしまうことも多いといいます。成果を出し、仕事量をコントロールできるようになるまでは、ある程度の忍耐が必要になるかもしれない、という心構えはしておきましょう。



あわせて読みたい

転職に失敗しない3つのポイント!の記事を読む 転職に失敗しない3つのポイント!の記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ