採用への近道!?転職ノウハウ

転職活動の前に

悩める30歳の転職、初めての転職で不安な方へ

掲載日:

30代前半の求人の特徴とは?

30歳で転職を考えている社会人にとって気になるのが求人ではないでしょうか。20代は第2新卒があったり、そこまで実績が考慮されなかったり、色々と恵まれています。年齢別の求人募集についても、業種や業界によるものの、25歳~28歳ぐらいの人材へのニーズが非常に高く、年齢を重ねていくと求人が減っていく傾向にあります。

30代前半の求人は即戦力が求められることが特徴です。欠員募集が中心となるため、求人が多くなる時期というのはあまり目立ちません。転職を考えている人は、いつ欠員募集があっても応募できるように準備態勢を整えておくことが大切です。

30代にもなると専門的なスキルだけでなく、何らかのマネジメント力も問われます。また、採用する会社に元々在籍する同年代の社員と比較しても、なお採用したいと思われるようにアピールしなければなりません。そこで、30代のキャリアだけでなく40歳、50歳になったときに会社に何が貢献できるか、という長期的な視点で自己PRや志望動機などを考えてもいいかもしれません。

転職準備って何するの?まずは転職の流れを知ろう!

転職の活動期間について

過去に行われた転職者への調査によると、約半数の人が1~3ヶ月で内定を得ています。応募社数も1~5社が半数を超えており、短期集中で転職したケースが多いようです。ただし、期間が短い分、条件の良い会社を選ぶことばかりに時間をかけてしまい、そもそもの転職の目的や理由を明確化していなければ、転職に成功しても「イメージとは違った」ということが起こりかねません。事前の準備はしっかりとしておきましょう。

転職後の「イメージと違う」を防ぐ3つのポイント

転職の理由で多いのは「年収アップ」

また、別の機会に行われた調査によれば、20代~30代の転職理由トップは「年収を上げたい」でした。実際、30代というのは20代のときに培った仕事の経験を生かして、キャリアアップできる重要な時期です。年収アップを目指すだけでなく、よりスキルを身につける会社に転職したり、未経験の業界や業種にスキルチェンジすることも可能です。最近では若い人を中心に「やりたいことができる仕事」に就きたいという人が増えてきましたが、会社に就職する、ということは簡単なことではないため慎重に考えることが大切です。

新しい職場の人間関係や仕事のやり方に慣れるには

中途入社の場合、当然のことではありますが、新しい職場に一人で飛び込んで、人間関係を一から築いていくことになります。また、新しい仕事やその会社独特の仕事のやり方などもありますから、会社に慣れるまでは辛いかもしれません。

早く会社に馴染みたいところですが、その時に質問ができなかったり、自分のやり方を押し通そうとしたり、プライドが邪魔してしまうことがあります。年齢や職歴を気にし過ぎると、社内の人とギクシャクしてしまうので、注意しましょう。一人でもいいので仲の良い人を作ることもポイントです。

早くとけ込むことは大事ですが、無理に急ぐ必要はありません。気持ちに余裕をもって、しっかりと仕事をこなしていれば自然に解決することも多いです。



あわせて読みたい

UターンとIターン、注意すべき2つのポイントの記事を読む UターンとIターン、注意すべき2つのポイントの記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ