採用への近道!?転職ノウハウ

転職活動の前に

20代後半で転職を考えている人に知っておいてほしい4つのこと

掲載日:

20代後半は転職適齢期である

実は、20代後半というのは、キャリアの中でももっとも転職しやすい時期といえます。20代前半だと経験が浅いですから、即戦力を求める求人から弾かれてしまうことがあり、30代になると求人数自体が減ってしまいます。

その点、20代後半は入社して以降、社会人としてのマナーはひと通り学んでいますし、仕事でも責任ある役割を与えられる時期です。採用する企業側も即戦力とみなしてくれるでしょう。

20代後半はキャリアを考え直す最大のチャンス

仕事を数年経験する中で初めて自分の適性が分かったり、やりたい仕事が見つかったりすることがあります。未経験の業種や職種にチャレンジしたくなるかもしれません。20代後半はキャリアを大きく変える最大のチャンスといえます。

転職時期が20代、30代、40代と上がるにつれて、人物重視の採用から実績や経験、専門性を重視する方向にシフトしていきます。そのため、年齢を重ねてからのキャリアチェンジはハードルが高くなってしまう現実があります。

20代後半だと、まだまだ学ぶことが多く、専門性をつけていく過程にある時期ですから、実績よりも仕事への情熱や意気込み、将来性などを評価する企業が多いです。希望する会社の内定をゲットする可能性も比較的高いといえます。ただし、未経験は経験者に比べてハンディキャップがあるので、困難は覚悟しましょう。他の業種で培ってきた経験をうまく採用担当者に伝えるようにアピールしてください。

転職活動していることは会社に言うべき?

結論から言ってしまえば、必ずしも転職活動をしていることを言わなければならないわけではありません。転職活動をしていることが会社に判明すると、上司や同僚との関係が悪化する可能性があります。万が一、転職活動がうまくいかずそのまま会社に在籍することになった時に、自分の居場所がなくなってしまうかもしれません。

もちろん、面接のために早退しなければならないときなど、転職活動をしていることを言いたくなる瞬間はあります。その場合は有給休暇などをうまく使ってください。なお、内定を得て退職するときは、手続きが必要になるので、採用が決まったらすぐに元の会社に連絡することは大切です。

転職回数をアピールポイントにする

20代後半にして複数回の転職を経験してきた人は、採用担当者から「またすぐに辞めるのでは?」と思われることを気にしているかもしれません。企業からすれば、あなたに長く勤めてもらいたいと考えるのが普通ですから、20代で転職が複数回あると、そう思われてしまう可能性があることは事実です。

しかし、同じことでも、その言い方によって受け取る印象は大きく異なります。転職回数が多いということは、その分、様々な経験を得たということ。様々な転職によって、「会社ごとにノウハウを吸収できた」「自分に向いている仕事が分かった」など自分にプラスなことを見つけて伝えるようにすると、あなたにしかない自己PRや志望動機を作ることができるでしょう。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ