採用への近道!?転職ノウハウ

転職活動の前に

知りたい!みんなの転職理由ベスト5

掲載日:

1. 給与・昇給など待遇に対する不満

まず、挙げられるのが給与や昇給など待遇に対する不満です。入社して数年経っても給与がなかなか上がらなければ、働くモチベーションも下がってしまいます。

ただし、給与アップを求めて転職活動するときは、短期間で給与に反映されて欲しいと思うのか、将来的に安定して給与アップするのが良いのか、それとも実力が反映されるような給与体系が良いのかなど、給与に対する考え方を明確化しておくことが大切です。

給料を上げたいあなたに。年収の高い求人を見てみる!

2. 勤務時間に対する不満

長期間に渡る不景気の影響によって、多くの会社は人員を削減し、余裕がなくなっています。そのため、社員一人にかかる負担は大きくなり、残業や休日出勤が多い会社は珍しくありません。過酷な環境で働いて体を壊してしまっては、何のために仕事をしているのか分からなくなってしまいます。また、ワークライフバランスが叫ばれている昨今、プライベートな時間や家庭の時間を大切にする人も増えてきたことも背景としてあるでしょう。

退職をする際は一度会社に働きかけてみて、それでも改善されない環境なら他の職場に移ることを考えてみてください。

社員を大切にする会社へ。働きやすい求人を見てみる!

3. 仕事内容

また、仕事にどうしてもやりがいをもてない、また入社して初めて自分が本当にやりたかった仕事が分かることもあります。今の仕事が好きな人でもさらなる飛躍を求めてスキルアップやキャリアアップを目指す人もいます。特に若手社員は、中堅・ベテラン社員のように結婚して家庭を持っている人が少ないですから、フットワークが軽く、キャリアプランを見直しやすいです。

つまらない仕事は嫌!働きがいのある求人を見てみる!

4. 社風が合わない・人間関係に悩んで

体育会系/文化系の職場、自分のペースで働ける職場、アットホームな職場など、会社によって社風は様々。社風が合わなければ快適に仕事ができるとは言いがたく、ストレスもたまってしまうでしょう。また、仕事にやりがいを感じていても、人間関係に悩む人は多いようです。

とはいえ、どんな職場でも自分に合わないところは見つかりますし、人間関係の問題も大なり小なりあるでしょう。仕事のやりがいと人間関係のつらさなどを天秤にかけて転職するかどうかを判断してください。

5. 会社の先行きが不安

会社の先行きの不満についてですが、誰もが安泰だと思っていた大企業の倒産が珍しくない現代。日本企業を取り巻く環境は厳しいですから「会社の先行きが不安」という理由で転職を希望するケースは多いようです。経営状況の悪化は給与の遅配や福利厚生のカット、仕事量の増大など様々な面に現れてきます。これらの兆候が見つかったら、転職活動を開始するシグナルかもしれません。

安心して働きたい。安定企業の求人を見てみる!

まとめ

いかがでしたか。ポジティブな理由もありますが、ネガティブな退職理由が目立ちました。面接の際、転職の理由は必ずといってよいほど聞かれる定番の質問ですから、どのように伝えるかは事前に考えておきたいところです。ネガティブな理由自体はNGとはいえないものの、否定的な理由だけで転職する人を採用する企業は少ないでしょう。

なぜネガティブな理由を持つに至ったのか、それが転職によってどのように改善されるのかを論理的かつポジティブに伝えると、そのまま志望理由となり、採用担当者への好アピールとなるはずです。



あわせて読みたい

転職活動を始める前に、今日から準備しておくべきこと 転職活動を始める前に、今日から準備しておくべきこと

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ