採用への近道!?転職ノウハウ

転職活動の前に

転職活動はいつスタートするのがベストなのか?

掲載日:

求人転職希望者が多くなるのはいつ?

転職を考えている人にとって「いつ始めるか?」というのは悩ましい問題ですよね。時期を見極められず、なかなか転職活動に踏み切れない人も多いのではないでしょうか。そこで大切なのが、転職市場が活況する時期を知ること。単純に求人数が多くなりますから、様々な選択肢からじっくりと吟味することができます。新規求人が増えるのは3~4月、そして9月~10月です。この時期に採用を行う理由として次の3つが挙げられます。

  • 期の変わり目は退職者や異動者が多く、後任補充が必要になるから
  • 新規事業など半期ごとの事業計画のスタートのタイミングと重なり、人材が必要になるから
  • 新卒者と同じタイミングで採用し、研修や教育を同時に行いたいから(3~4月の場合)

求人と転職希望者のバランスから最適な時期を考える

ここまで述べてきたように、3~4月と9~10月は求人件数が多くなります。求人の数だけでなく種類が豊富な上、未経験歓迎の求人も見られる、転職者にとってはチャンスの時期です。ただし、選択肢が増えるのは好材料ですが、この時期は求職者も増える傾向にあり、競争が激しくなる時期ともいえます。必ずしも有利ではないかもしれません。

3~4月と9~10月の求人を狙う場合は、ライバルと差をつけるためにもしっかりと準備を整えて臨みましょう。入念な準備をするためには、応募前から準備期間を逆算して、スケジュールを組んでおくことが大切です。3~4月を狙う場合は、だいたい2~3か月前の1~2月から準備を開始するといいでしょう。 ちなみに、最近では1年を通して採用活動を行う「通年採用」を行う企業も増えてきました。通年採用は自分の働きたいタイミングで応募できるので、しっかりと準備を整えてから採用試験に臨むことができます。

転職のタイミングは年齢層によって異なる

転職成功のポイントは自分がどの年齢層に属するかによっても異なります。

キャリアの浅い20代は、ポテンシャルを見て採用されることもありますが、ある程度の実績を積むまで転職を控えたほうがよいこともあります。

30代はプレイヤーとしてのスキルが求められる一方で、徐々にチームを率いるリーダー、マネージャーとしての能力が求められるようになります。自分なりのスケジュールを立てて、スキルアップに励み、どんな業種や職種で働きたいのかを明確にしましょう。希望の求人が募集されたらすぐにでも応募できるような体勢を整えておきます。

40代以上は、業務経験はもちろん、組織の統率力や管理力などのマネジメント力が問われることが多くなります。30代と同様、いつでも応募できるような態勢でいられるように、入念な準備を整えておきましょう。

転職時期を考える上での注意点

ただし、ここまで述べたことはあくまでも参考です。中途採用のニーズは業界や職種によって違うもの。転職希望者一人ひとりにとって最適な転職時期も違うということは留意してください。

例えば、仕事をしている人や家庭を持つ人は、必ずしも自分の都合だけで転職時期を決めることはできないでしょう。自分にとって必要な準備期間やタイミングを読んで具体的な転職時期を決めることが大切です。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ