採用への近道!?転職ノウハウ

転職活動の前に

転職するときに知っておきたい転職活動全体の流れ

掲載日:

転職の流れ

一般的に転職活動は以下のようなフローとなります。

  1. 転職のスケジュールを計画する
  2. 情報収集
  3. 履歴書・職務経歴書を作成し、応募して面接を受ける
  4. 退社・入社の準備

今度は、一つひとつのステップを簡単に解説します。

1. 転職のスケジュールを計画する

転職活動の計画を立てます。転職の活動方法にもよりますが、転職までにかかる期間は平均で3ヶ月だと言われています。まずはこれを目安にするとよいでしょう。仕事と両立しながら転職先を探す場合は、タイトなスケジュールになりすぎないように、少し長めに見積もってもいいかもしれません。

スケジュールを立てたら転職について考える時間をとります。転職活動が本格化すると、転職する目的をじっくり考えたり、徹底的に自己分析をしたり、第三者の意見を聞いたりする時間はなかなか取れません。ここで考えたことは、その後の会社・業界選びや転職理由などにも生かすことができるので、しっかりと考えておきたいです。

2. 情報収集をする

応募に向けて具体的な行動に移ります。まずは求人サイトや求人情報誌などで求人情報を見てみましょう。希望条件に合うような求人をリストアップし、優先順位を付けてみてください。また、業界の動向を知っておくことも大切です。業界紙などにも目を通してください。情報収集がひと通り済んだら、業界・職種を特定し、転職する会社を絞り込みます。

3. 履歴書・職務経歴書を作成し、応募して面接を受ける

次に企業へのアプローチとなる履歴書や職務経歴書を作ります。志望動機や自己PRはシンプルかつ自分の言葉でまとめましょう。次のステップである面接も意識しながら整理することもポイントです。また、志望動機を作成する際は、情報収集して得た知識を生かして、応募する会社の事業内容などを盛り込むと具体的なものとなります。応募するときは締め切り日のギリギリにならないようにしてください。基本的なことですが、宛先は個人なら「様」、部署なら「御中」を必ず付けます。

無事に書類選考を通過したら、転職するにあたってもっとも大きな関門となる面接が待っています。緊張すると思いますが、情報収集をしっかりとしていて志望動機や自己PRが明確なら恐れることはありません。面接では、応募書類を面接官が既に読んでいるため「書いたことと違うことを話さなければならないのでは?」と考える人が多いですが、伝える内容は応募書類に沿ったもので問題ありません。ただし、書いた内容を思い出しながら話すと、意欲が伝わりづらいでしょう。そのため、面接では同じことを伝えるにしても、もっと噛み砕いたものにしたり、熱意の伝わるような話し方にしたりと工夫が必要になります。

4. 退社・入社の準備する

「立つ鳥跡を濁さず」といいますが、晴れて内定を獲得し今まで働いた会社を出るときは円満退社になるように準備しておくことが社会人のマナーです。仕事の引き継ぎにかかる時間を逆算し、自分の後を継ぐ人が困らないようにしておきましょう。
そして、退職願を提出したら新しい会社と労働契約を交わします。退職・入社ともに必要な手続きが様々あるので、転職する会社と入社する会社にはそれぞれ入社までのスケジュールを伝えておくことも大切です。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ