採用への近道!?転職ノウハウ

転職活動の前に

転職活動を始める前に、今日から準備しておくべきこと

掲載日:

転職活動へ余裕を持って臨むためには

転職は、会社員にとって大きな決断であり人生の転機ともなります。「せっかく安定した職・仕事に就いているのに、なぜわざわざ転職のリスクを抱えなくてはいけないだろう」「転職が自分にチャンスをもたらしてくれるのだろうか」そんな不安を誰しもが少なからず感じることでしょう。

しかし「このままこの会社にいても、自分の成長に対して何のプラスにもならない」と感じるようになったら、それは転職を考えるべき時期が来たことを表すサインかもしれません。「今のところ、どうしても転職したいわけではない。けれどもし、今の自分により大きなプラスのものを与えてくれる仕事・職場と巡り合えたら、転職してもいい」と思えるくらいの余裕を持って、転職活動に臨むべきではないでしょうか。

転職を選ぶべきか、選ばざるべきか

転職を考えるその理由として「今の会社の人間関係が辛いから」ということを掲げる人も中にはいるでしょう。このように考える人に対して、たとえば「現状から逃げたいだけじゃないのか?辛いことから逃げていて、人間的に成長できるのか?」といったひとつの精神論を突きつけてくる先輩や同僚もいるかもしれません。

しかし、自分にとって嫌なこと・辛いこと・不得意なことを積極的に選択しないことは全く悪いことではありません。例を挙げるならば、災害に直面したら速やかに避難をすることが当然です。仕事が人の幸せを追求するためのものであるならば、辛いことを自ら追い求めていくことが果たして幸せにつながるのでしょうか。

もちろん、時には困難に立ち向かうことも、辛い状況に耐えることも人間には必要です。そういうときには「この職場で耐えることで、自分に得られることは何だろうか?」と、客観的に自分に尋ねてみましょう。その結果「何も得られることはない。ただ貴重な時間が消耗されていくだけ」という結論に至ったら、もう時間を無駄に過ごすことはやめたほうがいいでしょう。

転職市場における自分の「価値」を客観視するには

では、具体的に何から転職準備に取り組めばいいのでしょうか。その方法のひとつとして、転職サービスの専門家からのアドバイスを受けてみるという方法があります。転職サービスの専門家は、多くの人の転職に携わっています。「転職市場で客観的な評価を受けた場合、自分の人材としての魅力はどの程度のものなのか?」という疑問に対して、的確な評価をしてくれるでしょう。

転職のプロは、まずあなたの客観材料に磨きをかけるようアドバイスしてくれるでしょう。自分に有利な客観材料を揃えることで、あなたは転職市場で優位に立てます。そしてさらに「こんなスキルや資格を身につけておけば、あなたの市場価値はもっと高められるでしょう」という中長期的な計画に基づいたアドバイスももらえるはずです。

転職のチャンスは、いつどんな形で目の前に出現するかわかりません。いつその時が来てもいいように自分の能力や魅力を最大化しておく。そのためには、日頃から専門家からのアドバイスを定期的に受けておくことも大きく役立つでしょう。

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ