毎週更新!転職特集

転職ノウハウ特集

夏真っ盛り、ランキング変動はやや小幅? 7月の求人閲覧状況

掲載日:

第25回 ピタジョブでみる転職市場動向

第25回 ピタジョブでみる転職市場動向

こんにちは。ピタジョブ事務局の佐藤です。

梅雨明け前は豪雨災害などの心配なニュースも多かった7月ですが、いよいよ全国的に暑い夏がやってきました。

転職活動中の皆さんは、熱い時期をお過ごしでしょうか。この夏、さまざまな課題を乗りこえて、転職成功をつかんでほしいと願っています。

業界のアクセス状況 Top 20

さて、いつも通り、業種別の求人閲覧ランキングからレポートします。

1位貨物輸送 2位小売(その他) 3位自動車関連サービス

ランキングが凪(なぎ)の状態です。このレポートを開始してから初めて、上位20位までとそれ以下との入れ替えが発生しない月となりました。

順位に若干の変動はありますが、トピックとしてご紹介する大きな変化は少なく、なんとも評価が難しい状況です。

「人材派遣」や「人材紹介」、「貨物輸送」の業界では閲覧数が少しずつ伸びてきていますが、まだ明確な変動という域ではありません。そのためまずは兆候レベルとして、来月以降、大きく動いた際に、詳しくご紹介する機会を設けたいと思います。

職種のアクセス状況 Top 20

続いて、人気の職種閲覧ランキングです。

1位法人営業 2位運送・配送・宅配・集配 3位店長・店長候補

今月も、営業と販売系職種が上位を占めました。営業系の大型求人の掲載が続いており、この順位はもうしばらく続きそうです。

販売職のほうは大型の求人掲載はないものの、掲載数自体が伸びており、たくさんの求人が少しずつ一定の閲覧実績を出す、ロングテールのような状況と考えていただければわかりやすいかと思います。

エンジニア、事務職については、採用を希望する企業の方にもご案内していますが、この時期は動きが鈍い状況です。ボーナスシーズンが過ぎて転職活動が本格化すると季節ですが、予想よりも動きが重い様子が、閲覧数からも見てとれます。

前項の業種ランキングでも言えることですが、7月15日から17日の3連休は、お正月のように閲覧数が急減しました。その後、週明けからは連休前よりも大きく閲覧数が伸びています。

梅雨明けによる転職シーズン開幕、というわけではないと思いますが、連休をはさんで動き始めた方が多いのかもしれませんね。

2017年はスマホとPC、閲覧スタイルが分かれてきた?

最後は恒例、おまけレポートです。

今回は、最近あまり意識されなくなってきた「スマートフォンとPCの割合」について、過去と比べてのピタジョブの最新状況をちょっとだけご紹介します。

1年ほど前にもレポートしましたが、「2015年6月=44%」だったスマホの比率が「2016年8月=68%」と伸びている状況でした。

2017年の今、改めて2015年6月から2年間のデータを見てみると、2017年に入って大きく比率が変動する傾向が弱まり、「横ばい」もしくは「安定期」といった状況に差し掛かってきたことがわかります。

以下にグラフ形式でまとめてみました。具体的には「2016年12月=78.5%」のピークを打った後、70パーセント台で推移しています。

職務経歴の文字数(平均)

この現象は、ピタジョブだけではないのかもしれません。世の中の多くが就業時間中という9時から17時の時間帯は、PCでの求人閲覧が多いのです。

職場のPCで転職サイトを閲覧しているとは考えにくいですが、PCの方が求人の読みやすさや一覧性に優れることもあるため、手元にPCがある状況ではスマホよりもPCを選択するのではないかと予想しています。

その反対に、通勤時間帯や夜間、深夜にかけては圧倒的にスマホが優位です。

年齢層による利用動向の違いも確認してみましたが、さほど有意な差は見受けられませんでしたので、年代を問わず同じような状況と言えます。

スマホ自体の普及が一定レベルに達し、転職サイトの閲覧でも、環境に応じた使い分けが定着してきたとも言えるのかもしれませんね。

集計期間の都合上、今回は8月に入ってのレポートとなりました。また次回お目にかかりましょう。皆さまもどうぞ、良い夏をお過ごしください。ごきげんよう!


あわせて読みたい

転職活動、いつ始める? の記事を読む 転職活動、いつ始める? の記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ