毎週更新!転職特集

ピタジョブ

大型連休前はやや無風の時期? 4月の求人閲覧状況

掲載日:

第22回 ピタジョブでみる転職市場動向「連休明けに向けて職務経歴をブラッシュアップ」

第22回 ピタジョブでみる転職市場動向

こんにちは。ピタジョブ事務局の佐藤です。

大型連休を直前にひかえ、もう予定のある方は、そわそわと少し落ち着かない時期ですね。新卒の就職活動も、面接を経て少しずつ内定が出はじめる時期となり、リクルートスーツの学生の姿も街のあちらこちらで目につきます。

世間的にお休みとなる時期(大型連休、夏休み、クリスマス、お正月など)を除くと、4月は1年を通じて最も転職活動が低調な時期とされています。実際、ピタジョブでも4月の応募数は、3月までと比較して減少傾向にありました。

転職活動は、大型連休が明けた翌週くらいから活性化する傾向にあります。ということは、今はライバルが少ない時期でチャンスである!とも言えますね。

そんな4月、ピタジョブで人気の業種・職種はどんな変化があったのでしょうか? 今回も恒例のレポートをお届けしていきます。


業界のアクセス状況 Top 20

まずは人気の業種別閲覧ランキングからご紹介します。

1位ソフトウェア 2位サービス(その他) 3位人材派遣


いわゆるIT業界のワンツーとなりました。3月の傾向をそのまま引き継ぐ形です。

専門職の求人は、3月末までに採用を終了してしまうケースが多く、4月は通年で採用活動を行う業界が求人掲載の中心となっています。そのため、ITやサービス関連の求人閲覧が上位を占めているものとみています。

とはいえ、順位の差はそう大きなものではなく、特定の業界に偏っているというわけではありません。ちょうど今の季節のように穏やかな凪(なぎ)の状態、という表現がぴったり合っています。


職種のアクセス状況 Top 20

続いて、人気の職種閲覧ランキングです。

1位法人営業 2位販売・売場担当 3位受付

3月のレポートで、ランキングが上がっている事務系の職種は4月にランクダウンするのではないかと予想しましたが、外れてしまいました。むしろ上位は事務系がずらりと並んでいます

「四半期の初めの月は事務系の職種がランクダウンする」ことが多かったのですが、4月は違った要因が押し上げているようです。

2位は法人営業で相変わらずの人気なのですが、その他を見ると企画、マーケティングやシステムエンジニア、電気・機械のエンジニア、販売、店長候補など多種多様。傾向をつかみにくい状況です。

職種ランキングも3月と同じ傾向で、事務系・営業系が強かったとまとめるのが正しいように思います。3月で募集終了とならなかった求人に関心が持たれているのかもしれませんね。

担当者は職務経歴書の「ココ」を見ている!

最後に、恒例のおまけレポートです。先日、ピタジョブに求人を掲載する企業の採用担当のみなさまに対して「職務経歴書」の内容についてアンケートを行いました。

書類選考のとき、職務経歴書のどんな項目や内容を重視しているかを中心にうかがいましたが、転職を希望される方にとって、書類選考通過を勝ちとるために非常に参考になる情報となりましたので、この機会にご紹介します。

まず言えるのは、職務経歴書を作成する際に重視した方がよい項目、内容があるということです。

以前ご紹介した「書類選考を通過した方の応募書類の平均文字数=400文字以上」「採用された方の応募書類の平均文字数=700文字以上」という傾向もぜひ思い出してください。

短くて何も伝わらない文章や、表面的で薄い内容の職務経歴書になっていませんか? 重要な項目は、書くボリュームやその内容について意識したほうがよいと言えます。

ただし、長い文章ならばよいというものではなく、以下の内容をしっかりと記載するよう注意すれば、書類選考通過のチャンスは大きく広がります。

採用担当者の重視する項目TOP7gはコレだ!

履歴書だけではうかがいしれない、応募者の人柄や考え方、仕事に対する取り組み方も把握しようと意識していることがわかると思います。

転職活動の理由や目的は、それを知ることで入社後に活躍できそうか、すぐ退職してしまわないか分析する材料となっているようです。

また、これまでの成果を見て、今までにどんな仕事をどういう風にやってきたのか、具体的に把握しようする傾向も見てとれます。一言に「成果」といっても、売上目標の達成や業績への貢献といった見栄えの良い内容だけでなく、担当したお客様の数や案件の量、期間なども参考とされやすいようです。

そして、何よりも自己PR。応募者がどのような方なのか知る内容として、予想以上に多くの採用担当者が重視していました。経歴だけではなく、みなさんがどのような人なのかが伝わるよう記載することがポイントと言えます。

具体的に書くべきポイントは、ほかにも

これ以外にも、重視しているというコメントが多かった「過去の仕事内容」「人物面・人間性」の詳細な内容もまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

もし現在、応募を検討されている方は、この内容がきちんと含まれているか、チェックしてみてください。

採用担当者が知りたいのはココ!

多く応募者の方にとっては、これが将来を大きく左右する一世一代の転職活動だという気持ちが強いはず。しかし企業にとっても、人材の採用は会社の将来を担う重要な活動です。

伝わる情報の少なさが原因で、双方が大切な機会を失うのはとても残念なことなので、より多くのチャンスが生まれるよう、上記の項目はぜひ書類へ盛り込んでおくようにしてください。

ピタジョブでも、職務経歴に関する上記の内容をスムーズに用意できる仕組みを近日中に追加するために、現在さまざまな取り組みを行っています。

応募者、採用企業の双方にとって良い機会が生まれるよう、これからも引き続き全力で支援していきます。

まもなくゴールデンウイーク。長いお休みに入られる方は事故がないよう、お仕事が続く方もしっかりお休みがとれるよう、願っております。

それではまた次回、ごきげんよう!



あわせて読みたい

これから伸びる企業は?! の記事を読む これから伸びる企業は?! の記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ