毎週更新!転職特集

転職ノウハウ特集

ついに来た?まだまだ?人工知能時代と仕事のゆくえ

掲載日:

人工知能に負けない!?これからの転職に必要なことは何?

仕事が奪われる!? AIは本当に人間の脅威か

近年、これまでと違う形で「人工知能」(AI)の進化が話題となり、私たちの仕事にも影響を与えるのではないかと取りざたされています。人間の行う作業がどんどん自動化され便利になる半面、将来的には仕事が奪われてしまうかも、なんて予想を聞くと、とても気になるはず。こうした予想は一体どの程度、実現性があるのでしょう?

今回は、さまざまなトピックから人工知能の“いま”を確かめつつ、これからの産業や仕事に与えていく影響を考えていきます。転職の際に心得ておくのは、どんなことでしょうか。

「進化」で盛り上がる、人工知能の特徴

2016年3月に米グーグルの研究部門が開発した囲碁AI「AlphaGo」(アルファ碁)が、韓国のトップ棋士と対戦し、4勝1敗と大きく勝ち越したことは、世界中で話題となりました。

2010年代に入って盛り上がりを見せる人工知能の開発競争は、第3次AIブームと位置づけられることが多いのですが、その核とされるのが「ディープラーニング」(深層学習)という技術です。膨大な量のデータを与えて処理するコンピュータの能力が高まったことから一気に研究が進み、実績を残す例が増えてきました。

画像や音声をはじめ、たくさんのデータを細部まで分析し、そこから注目すべきパターンを自動的に識別して適切な行動や答えを見つけ出すというのが大きな特徴。学習を通して人間の認識に近い、複雑な処理にも対応できるようになりました。

AlphaGoもディープラーニングを用いてさまざまな対戦や局面の状況を記憶し、みずから学習しながら、囲碁の実力を伸ばしていったわけです。

活躍の場を徐々に広げていく、人工知能

人間の能力に迫り、特定の分野では追い越す勢いの人工知能。それでは私たちの社会で、実際にどんな役割を果たそうとしているのでしょうか。

いま話題になることの多いのは、限られた領域での学習を行い能力を発揮する「特化型人工知能」と呼ばれるタイプ。より幅広く柔軟に、人間に近い知性を実現する「汎用人工知能」はまだ研究の余地が大きく、実用化の度合いでは少し開きがあります。

最初に紹介した囲碁や将棋のプログラムのほか、自動的に動き回る掃除ロボ、iPhoneの「Siri」(シリ)をはじめとする人間への受け答えを伴う音声案内アプリなどは、特化型人工知能の代表的な例ですね。

トヨタ自動車が2016年1月に米国に設立した新会社は、人工知能技術の研究・開発における拠点づくりを目指すもの。5年間で約10億ドルの投入が発表されていますが、自動運転を中心とした特化型人工知能の技術は、自動車分野を大きく変える局面に差しかかっていることを象徴しているようです。

そのほか、こんなトピックが近頃話題となりました。

◆三井化学・NTTコミュニケーションズ

両社が共同で行う実験・開発は、化学プラントでガス製品をつくる際の品質向上が大きな狙い。ガスの温度・圧力など各種データを学習して、高精度で製品の品質を予測するのに成功。ここでもディープラーニングが活用されているようです。特に製品の異常感知や、故障防止に大きく役立つものと期待されています。

三井化学株式会社の求人を見る

NTTコミュニケーションズ株式会社の求人を見る

◆ブリヂストン

タイヤメーカーとして知られる同社は、自社工場に人工知能を搭載したタイヤ成形システムを導入。これまで人間の感覚やスキルに多くを頼っていた工程の自動化が進み、生産効率の向上と品質アップに貢献しています。コスト高に悩まされ、輸入製品に押される国内工場の復権にもつながるため、注目されています。

製造業では事業規模の大小を問わず、さまざまな企業が「スマート工場化」と呼ばれる取り組みに挑戦しています。ここでも人工知能の技術は、トラブルを未然に防ぐ仕組みや自動化・効率化を目指すにあたって、盛んに採り入れられつつあるわけです。

人工知能は、どんな仕事を奪うと予測されている?

2015年に野村総合研究所が公表したレポートは、大きな衝撃でした。同社が行った共同研究によると10~20年後、日本の労働人口の約49%に相当する職業が人工知能やロボットなどで代替可能になる――と推測されるというのです。その際に挙げられた職業を、もう一度振り返ってみます。

人工知能やロボット等による代替可能性が高い

  • 受付係
  • データ入力係
  • 一般事務員
  • ビル清掃員
  • 建設作業員
  • 警備員
  • スーパー店員
  • タクシー運転者
  • カメラ組立工 など

人工知能やロボット等による代替可能性は低い

※「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に -601種の職業ごとに、コンピューター技術による代替確率を試算-」より(野村総合研究所、100種類の職業から一部抜粋)

このデータは調査研究の結果なので、予測が的中する保証はありません。あくまでコンピュータによる技術的な代替可能性で、実際には労働の需給を含めた社会環境要因の影響も大きい、と締めくくられています。

とはいえ先に紹介した自動運転や製造業の変化にともない、熟練の技術や技能が必要とされる仕事すらも安心できない予測がなされているのは気になるところ。一方で創造性や協調性が求められる仕事、不定形で単純な労働でない仕事は、将来も人が担うと予測されていることもまた、興味深いのではないでしょうか。

「自分だけ」の力は、大きな武器になる

このまま人工知能の開発が進み人間の能力を超えてしまうと、人工知能どうしが相互に学習してもっと進化し、いずれは人類が支配されてしまう――そんなSFのような未来を予想する人もいるかもしれません。10年先、20年先に人工知能とその技術がどう変化していくかわかりませんが、人間どうしがつくる社会の基本的なあり方や仕組みは変わらないと信じたいものです。

さきほど紹介した調査でも、協調性が求められる仕事が将来も多く残ると予測されていることは「AIに代替される単純なコミュニケーションにとどまらない、人間にしかできない能力を発揮する余地がまだありそう」ということ。

業種を問わずこうした能力を、あなただけにしかできないと言われるようなスキルや創造力と組み合わせて発揮していくことが、これからの時代に求められるのではないでしょうか。

ピタジョブを通して出会う企業も、自社の戦力として人工知能では得られない能力を持つ人材と巡り会えるよう模索しているはず。転職活動にあたっては、みなさんの創造性を活かせるかどうかという尺度を加えて、候補探しや自己アピールに活かしたいですね。


あわせて読みたい

これから伸びる企業とは?!の記事を読む これから伸びる企業とは?!の記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ