毎週更新!転職特集

ピタジョブ

転職活動、この季節に盛り上がっているのは? 10月の求人閲覧状況

掲載日:

―転職市場動向―人気業界ランキングに大きな変動が!?

第16回 ピタジョブでみる転職市場動向

こんにちは。ピタジョブ事務局の佐藤です。

10月から、多くの企業が下半期に突入。外資系であれば新年度になった企業も多いことでしょう。そして10月は冬の賞与査定が行われる時期でもあります。このページをご覧になっている皆さんは、どんな上期でしたか?

ピタジョブ全体として、採用が一段落した10月からは求職者のアクセスが減るのではないかと想定していましたが、月初に落ち込んだものの、すぐに9月以前と同様のアクセス状況に戻っています。以前に比べてピタジョブにアクセスする方の数が大きく増えたこと、また季節の影響が及びにくい職種で掲載が増えていることが要因と分析しています。


業界のアクセス状況 Top 20

さてそれでは毎月恒例となっている、人気の業種別閲覧ランキングからご紹介します。

1位不動産 2位ソフトウェア 3位生命保険


先月から伸びてきた小売業がトップとなりました。自動車関連の業種が大きく伸びていますが、この中の職種でいうと営業職の求人が増加しているのが影響します。

また先月のレポートでは「転職シーズンに閲覧が多い販売や運送関連の業種が伸びていない」とご紹介しましたが、今月に入って一気に伸びてきました。

求人掲載数の影響も想定されるのですが、来月にかけても引き続きウォッチしていきます。


職種のアクセス状況 Top 20

次は人気の職種閲覧ランキング、Top20です。

1位法人営業 2位不動産管理 3位販売・売場担当

営業・販売系の職種が引き続き上位です。

前月まで上位にランクインしていた不動産関連の専門職が少し勢いを落としたぶん、事務職が相対的にランクを上げる形で復活してきました。また業種ランキングと同様に、運送系の職種のランクインも見逃せません。

実際に応募される方については営業・販売系が多く、このランキングとほぼ同様の結果となっています。採用に関して、このランキングとは別にピタジョブの特長である「スカウト機能」を利用される企業も増加中です。

スカウト機能に由来する採用の数が伸びてきたのも、ピタジョブにおける隠された変化です。

急増中!スマートフォンでのアクセス

さて、お待ちかねの方も多くなってきた「おまけレポート」ですが、今回は久しぶりに「ピタジョブにアクセスする方の環境」について、ご紹介します。

スマートフォンでのアクセスが増えていることは以前にもご紹介しましたが、最近では時間帯によってはほぼ100%がスマートフォンからのアクセスで占められる時間帯も出てきています。

ここでは、4月からさかのぼって見てみましょう。

パソコン・モバイルでの閲覧比率

春先から少しずつ増えていたスマートフォンでのアクセスが、夏を過ぎると劇的に増加していることに、気付きましたでしょうか? グラフには反映されていませんが、9月のスマートフォン率は69.74%なので、夏を過ぎてから5%程度の大きなシェア変化が発生しています。

スマートフォンでの利用者の割合に影響を与えるニュースはiPhone7の登場ぐらいしかなかったように思われますが、これほど大きな変化を生み出す要因とは考えにくいです。ピタジョブ利用者の属性に大きな変化が起きている状況でもないので、スマートフォンで検索した際にピタジョブの求人やコラム記事が見つけやすくなったからではないか、と考えています。しかしこの割合を改めて見てみると、驚きですね。

移動中や仕事の休憩中、そしてご自宅でスマートフォンを使ってピタジョブにアクセスいただいている様子が目に浮かびます。まだPCのみでアクセスされている方もぜひスマートフォンでピタジョブを活用して、転職成功に役立てていただきたいと考えています。

それではまた次回お届けします。ごきげんよう!



あわせて読みたい

転職活動、いつ始める? の記事を読む 転職活動、いつ始める? の記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ