毎週更新!転職特集

ピタジョブ

秋の転職シーズンはどうだった? 9月の求人閲覧状況

掲載日:

秋の転職シーズンはどうだった? 9月の求人閲覧状況

第15回 ピタジョブでみる転職市場動向

こんにちは。ピタジョブ事務局の佐藤です。

前回「転職シーズン真っ盛り」とお伝えしておりましたが、9月も引き続き転職シーズンが続いているようです。

ただ、掲載内容が「10月1日入社」から「12月入社」に切り替わった求人も増えてきているため、いよいよ大詰めといったところでしょうか。

ピタジョブでは、求人や企業情報のほか「転職成功ノウハウ」という転職に役立つ記事を多数掲載しています。注目しているのは先月後半から今月にかけて、その閲覧数が大きく伸びていること。特に「面接」「二次面接」「社長面接」「退職」といったキーワードで来訪する方が多くなっています。「記事を探している方は面接中、もしくは面接が目前に迫っているのかな?」と、思いを巡らせる昨今です。

もし、ピタジョブにて掲載中の「転職成功コラム」をご存じでないようでしたら、お時間があるときにぜひご覧ください。ちなみに、いちばん人気がある記事は「離職率」に関するものです。


業界のアクセス状況 Top 20

さて、それでは毎月恒例の人気の業種別閲覧ランキングからご紹介します。

1位不動産 2位小売り(その他) 3位生命保険


前回に引き続き、採用を特に強化している企業が多数含まれる「不動産」「生命保険」「ソフトウェア」などの業種が上位です。

9月に入り「小売」「卸売業」も上位に食い込んできました。転職シーズンだった3月と比べると、販売や運送系の業種の伸びがそれほどでもありません。これには季節性が関係しているのかもしれませんね。

なお、このランキングはあくまで求人の「閲覧数」です。この記事の後半では実際の「応募数」に基づくランキングをご紹介します。そちらと比較すると「転職に関心がある方」と「実際に転職される方」との業種の違いを把握できると思います。


職種のアクセス状況 Top 20

次は人気の職種閲覧ランキング、Top20です。

1位法人営業 2位不動産管理 3位販売・売場担当

過去と比べてもあまり変化が大きくないランキングとなりました。8月に続いて人気のあった事務系の職種は上位に届かず、営業や販売系の職種が引き続き上位を占めています。また「管理職」が珍しく5位に飛び込んできました。

ほかにも建築の「施工管理」が7位にランクインしていますが、この職種は求人倍率が高く、採用難の職種です。

「ITエンジニア」「介護」「施工管理」は、求人数が多く採用が難しい3大職種と見ていましたが、「ITエンジニア」はもともと閲覧数が多かったため、「施工管理」がここまで閲覧数を伸ばしていることに驚かされます。

応募数のTop 20を発表します!

さて、さきほど予告したとおり、今回は実際の「応募数」に基づくランキングもご紹介します。

応募数のランキングをピタジョブでご紹介するのは初めてとなりますので「応募」「閲覧」の傾向に有意な違いがあるのか、分析してみていただければと思います。

業種別の応募ランキングを、閲覧数と同じく20位までご紹介してみます。

1位法人営業 2位不動産管理 3位販売・売場担当

 

閲覧数ランキングと全く違う結果となりました。驚きの内容です。IT業界、そして機械や各種部品などの製造業が上位を占めています。

つまり、転職を検討している方と実際に転職のための応募を行う方は、かなり違いがあることがよく分かります。
求人閲覧数は採用強化中の企業など、露出機会の多い求人に数が集まります。しかし実際に応募される方は自分の希望職種、もしくは自分の属性に合った求人に応募するようです。このランキングが、ピタジョブに来訪される方の実態と言えるかもしれません。

職種についてもご紹介してみたかったのですが、今回は時間が足りないので次の機会に。
それではまた次回、お届けします。ごきげんよう!



あわせて読みたい

みんなは何社応募してるの? の記事を読む みんなは何社応募してるの? の記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ