毎週更新!転職特集

ピタジョブ

夏休み後は転職シーズン真っ盛り!? 8月の求人閲覧状況

掲載日:

―転職市場動向―人気業界ランキングに大きな変動が!?

第14回 ピタジョブでみる転職市場動向

こんにちは、ピタジョブ事務局の佐藤です。

例年、お盆休みが明けたあとは、下半期スタートとなる10月入社に向けて転職活動、採用活動が活性化する時期と言われています。注意して見てみると、テレビCMや電車の広告など、さまざまな場面で転職サービスの紹介を目にする機会が増えていることにお気づきになるかと思います。

ピタジョブでも、お盆明け直後から応募される方が一気に増え、10月入社に向けた選考まっ盛りといった状況です。そんな8月はどうだったのか、今月も恒例の業種、職種の閲覧数ランキングをお届けします。


業界のアクセス状況 Top 20

まずは、人気の業種別閲覧ランキングからご紹介します。

1位不動産 2位ソフトウェア 3位生命保険


ピタジョブがサービスを開始して以来はじめて、「ソフトウェア」がトップから転落しました。

新たに1位となった「不動産」は、10月1日入社に向けて複数の企業で求人数が増えた関係で、従来よりも多くの方に求人を見ていただいています。

新しく3位にランクインした「生命保険」も同様に、全国の都道府県で多数の募集を行っていることが関係しています。

プラントエンジニアリング、内装工事・リフォーム、建設、住宅といった業種が大きく伸びていますが、これらの大きく求人閲覧数が伸びた業界は、採用活動が活発化していることに加えて、転職をめざす方の活動も活発化していると言えます。


職種のアクセス状況 Top 20

次は人気の求人職種ランキング、Top20です。

1位法人営業 2位不動産管理 3位販売・売場担当

今月、事務系は勢いが若干落ちており、営業系、技術系、そして製造、制作関連の職種が伸びています。

その中でも業界のランキングでご紹介した通り、不動産に関連する職種、法人営業、不動産管理、建築・土木、建築施工管理といった職種が伸びています。

10月1日の入社であればそろそろギリギリの採用時期となりますが、この時期に閲覧が伸びる職種は、採用までの選考期間が短い職種が中心で、そうした観点では、じっくり時間をかけて採用を検討するのではなく、経験と人柄から採用が判断されるような職種と言えるかもしれません。

スマートフォンでの閲覧は増加中

最後に、これまでのピタジョブに来訪される方の「利用端末」について報告してみたいと思います。

2年ほど前から、検索エンジンの利用端末はスマートフォンが6割を超えたといったレポートが見られるようになりました。

以下のグラフは、2015年6月から今月までのピタジョブに来訪される方の端末の割合を示したものです。サービス開始当初は50対50といった状況でしたが、直近では70対30までモバイル環境での来訪が増えています。

パソコン・モバイルでの閲覧比率

そのため、採用企業の担当者の方にも、来訪者の多くがスマートフォンで閲覧することを前提にした求人をご用意いただいています。 具体的には転職者の方に、スマートフォンで求人を閲覧するときに重視する点をヒアリングし、それをもとに以下の点を特に重視していただいています。

求職者の反応が良いスマートフォン向け求人ページの特徴

  1. 1. 最初のスクロールで仕事内容が分かるよう、採用背景など冒頭の文章が短い
  2. 2. 仕事内容を把握したあと、必要なスキル・経験がスムーズに確認できる配置
  3. 3. 文章を全体的に短くする代わりに、社員の登場する画像を掲載する

ピタジョブではパソコン・スマートフォンで共通のコンテンツを利用していますので、PC向けの配慮も必要ですが、先にご紹介した特徴を満たしていくことで、来訪される求職者の方に「応募して良いのか」「入社したあと活躍できそうか」を、ご自身でスムーズに、いち早く把握していただけるようになっていると感じています。

もし、他にもご意見がありましたら、ぜひお問い合わせよりお知らせください。
お問い合わせはこちらから

それではまた次回お届けします。ごきげんよう!



あわせて読みたい

これから伸びる企業は?! の記事を読む これから伸びる企業は?! の記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ